【スポンサードリンク】
  



「ありがとう」

日本人なら誰もが使ったこと、聴いたことのある言葉ですね。

ところで、「ありがとう」とはどういう意味でしょうか?

ここで、
「え?ありがとうって何かしてもらってお礼として使う言葉じゃないの?」
と思った人は結構多いと思います。

まず、「ありがとう」とは「有難う」
「有難う」とは古語でいう「有難し」という言葉です。

この「有難し」が「ありがとう」の語源です。

さて、この「有難し」本来ははどういう意味の言葉でしょうか。

「有難し」とは「有るのが難し(かたし)」
直訳すれば、「有るのが難しい」状態を指します。

しかし、本来の意味は「存在するのが難しい」という意味ではなく、「あり得ない」「存在しえない」「起こることはあり得ない」というのが本当の意味だそうです。

さらに言えば、「ありがとう」という言葉が人に対して使われるようになったのは、室町時代あたりからだそうです。それまでは神様や仏様に使われていた言葉だそうです。

つまり、もともとは「神様があり得ないものを自分に起こしてくださった。与えてくれた」ということに対して使われる言葉だったのです。

よくアニメ日本昔話(懐かしいですね)で、おばあさんやおじいさんが、ことあるごとに「ありがたや。ありがたや。」と言うシーンがあります。これは、「本来ありえないことが私の前に訪れた。神様ありがとうございます」という意味で使われているのです。

ちなみに、英語の「Thank you」は「あなた(you)」に「感謝する(thank)」という意味です。
それに比べて日本のありがとうは、「本来起こらないことを神様や仏様が与えてくださった。本当にありがとうございます。」という意味で使われます。
「ありがとう」の方が「Thank you」よりも、広く深いニュアンスを持っています。


目の前の人が私のために協力してくれること、これは本来は起こり得ないものだったかもしれません。

他人が私のために話を聴いてくれる、
手伝ってくれる、
私のためを思って何かをしてくれる、
プレゼントしてくれる、
一緒に笑ってくれる、
一緒に泣いてくれている、
おはようと声をかけてくれる・・・

こういったことは本来起こりえないものだったかもしれません。

だからこそ、「ありがとう」と私たちは起こったことに対して感謝するのです。
私を気遣ってくれた人に・・・
支えたくれた人に・・・
共感してくれる人に・・・

その人だけでなく、それを起こしてくれた神様や仏様に足して「ありがとう」というのです。

今度から「ありがとう」という場合、このことを思い返しながら使ってみてください。
同じ5文字でも感じるもの、流れるもの、出てくるものはきっと違っているだろうと思います。
その人と私がここで出会っただけでも本来はあり得ないことだったのですから・・・。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013.10.30 Wed l 人間関係 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/285-c92f9bcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味