【スポンサードリンク】
  



最近私のブログを通して、選択理論に興味を持っていただける方も増えてきました。

非常に嬉しいなあと心から思います。

私のカウンセリング技法は選択理論をベースとした「リアリティセラピー」というものです。

選択理論とは「人間の脳の働きを説明した理論」です。
この理論は口で説明するのは非常に簡単ですが、日常生活で実践すると結構大変です。
でも実践すると人間関係の変化や、自分のメンタルヘルスもかなり改善されます。私の場合は、夫婦関係がかなり良好です。
もちろんケンカもしますが、お互いの意見をしっかり尊重し合えるので、私は妻と一緒にいる時間がかなり幸せを感じます。ちなみに二人ケンカをしたり、気まずくなるのは私たちの場合はほとんどありません。

私のカウンセリングの経験では、親子関係や夫婦関係など、かなりの人間関係が改善されたケースに出会うことができました。

リアリティセラピーでは、人間関係に焦点を当ててセラピーを行うのが特徴です。

グラッサーは精神的な健康の基準を、

「もしあなたが自分の知っているほとんどの人、特に家族、恋人、友人のように人生で重要な関わりを持つ人たちと一緒にいることを楽しんでいるなら、あなたの心は健康と言える。」

と「メンタルヘルス-心の健康の保ち方」という本の中で定義しています。
(興味ある方はこちらから)

それほど選択理論では人間関係の改善に焦点を置きます。
私たちが幸せな人生を送るためには、お金や成功ではなく、大切な人との人間関係をいかに築いていけるかが重要だと選択理論では教えているのです。

ちなみに、人間関係と言うと、「自分」と「他人」がイメージしやすいですが、もう一つ、「自分」と「自分」の関係もあります。「自分」と「自分」が仲良くないと、自分が嫌いになったり、自信が持てなかったり、行き詰ったりとしんどくなります。こうした状態を選択理論では「自分で自分に外的コントロールを使っている状態」だと説明しています。

選択理論をしっかりと学んで、カウンセリングに応用した時、それは「リアリティセラピー」と呼びます。クライエントとより良いやり方について選択理論の視点から話し合い、クライエントに合った選択理論的な生き方を一緒に考えるのです。

もちろん、それがすぐできる人もいれば、人一倍時間がかかる人もいます。当然ですが気持ちの整理がつかない場合は、まずは気持ちの整理をつけることから始めないといけません。
それでも一歩ずつ、できるように話し合って支援していくことが大切です。

人の成長は時間がかかって当然だと思います。だからこそ、焦らずその人のペースを尊重していくことが必要なんだと私は思います。

選択理論に興味ある方はこちらからどうぞ

Facebookの友達申請はこちらから




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2013.11.14 Thu l リアリティセラピー l コメント (4) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

No title
いちぼんさん、コメントありがとうございます。

ブログ、先ほど見ました。
コメント書けなかったので、僭越ながら私のブログの方で感想を書かせていただきたいと思います。

叱るときは現在形ではなくて、過去形で・・・というのは、本当にその通りですね。

いちぼんさんのブログを見て、最初に思ったことは、「罪を憎んで人を憎まず」という言葉でした。

現在形で「なぜ忘れるのか?」と聞いた瞬間、それはその人自身をとがめる言葉に変貌してしまうと思います。

一方で「なぜ忘れたのか?」と聞くと、それは出来事について焦点を当てることになりますよね。

よく私はIメッセージを伝えることを推奨しています。

「そんな大事なことを忘れるなんてどういうことだ!!」という言葉はyouメッセージになります。
しかし、「私が言ったことを忘れるなんて、本当に悲しかったよ」という言い方はIメッセージになります。

そういう言い方をしていくことが大切だということをブログを読ませていただいて改めて思いました。

あと、マイナスの暗示かどうか・・・ということについてですが、ここでのマイナスというのは、子どもに「僕は悪い子なんだ」というネガティブな自己イメージを抱かせるようなものかと思いました。

それを抱かせないというのは大事ですよね。
ただ、子どもっていうのは、親に愛されているという感じを抱くだけで、それだけでポジティブな自己イメージを作る力を持っていると思います。

だから、ネガティブな言い方をしたとしても、親がなぜそれを言ったのか、子どもにどうなってほしくて言ったのかをしっかりと伝えていくということも必要なのかなと思います。

大切なのはほどほどにですね。

私もブログで書いているような完璧な夫を演じているわけでもなく、ネガティブな言い方をしてしまうこともあるので。

少しずつ、前進ぐらいがちょうどいいんじゃないかと思います。


2016.01.11 Mon l 田中勝悟. URL l 編集
マイナスの暗示を避けて、プラスの暗示を活用
マイナスの暗示を避けて、プラスの暗示を活用しようという主旨の記事を書きました。カウンセリング的にはどうなのでしょうか?
coach.or-hell.com/none/zznpmgwz7g
2016.01.11 Mon l いちぼん. URL l 編集
No title
ゆかりさん、コメントありがとうございます。

そのように言っていただけると、私自身励みになります。
やっぱり、誰かが一緒にいてくれる、支えてくれるのは大切ですよね。ゆかりさんの温かいコメントで私もまた「頑張ろう」と思えます。ありがとうございました。
2013.11.20 Wed l 田中勝悟. URL l 編集
感動する記事でした!

私はネガティブな方だと思いますが、主人や友達はポジティブな人が多く、時になぜ私はこんなに考えてしまうのか?と自分が嫌になるので、周りの励ましや見守りに助けられていると思ってます。
愛の欲求が高めな私にはそうやって見守ってくれる人たちがいることに幸せを感じます。
特に主人はそうです。
結婚して6年、付き合いも含めたら10年以上一緒にいますが、年々絆が深まっていると感じます。
周りには驚かれますが、ずっと好きです(笑)
なので、この記事を読んで私は健康なんだと解って嬉しくなりました。

ブログ、楽しみにしています!
2013.11.19 Tue l ゆかり. URL l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/290-afeac462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味