【スポンサードリンク】
  



私はスクールカウンセラーの仕事で自宅から片道2時間以上かかる学校に行っているのですが、朝の車の運転中に急に呼吸が荒くなり、落ち込みや焦り、不安、パニック状態になりました。
その後、急激な疲労感や過呼吸状態になり、さらに吐き気や食欲も全く出ません。
肩こりもひどく、集中力もなくなった状態になり、何度も車を降りて休憩をしないほどでした。

これらは、一般にうつ症状と言われているものです。
急激なうつ症状が私を襲ったのです。

以上は本当のことですが、これだけを聴くと、読まれた方が「田中さん、うつになったのでは?」と思われるかもしれません。

この話には背景があります。

実は私が急激なうつ症状を起こしたのにははっきりとしたきっかけがあったのです。

それは・・・

「家のストーブの電気を消した記憶がない」

という考えが私の頭の中を過ったということです。

「もしかして、ストーブ切り忘れたのでは?」
「妻は仕事で夕方まで帰ってこないし、連絡がつかない」
「今から引き返したら、学校に絶対に間に合わない(車を運転して1時間くらいで気づきました)」
「もし火事になっていたら、どうしよう?」

と思考がグルグルと巡り、それに伴ってうつ症状がどんどんと出てきます。

選択理論では、思考と感情・生理反応はセットになって捉えています。
考えたことによって、感情や気分・身体の調子は左右されるのです。

私のうつ症状はこの思考によって起きていました。

しばらくはグルグルと考えていましたが、車はどんどん職場に近づいていき、すでに家に戻ることはできないところまで来てしまいました。
そうなると、「もういいや。その時に考えよう」と腹を括りました。思考が変わったのです。すると、先ほどのうつ症状がスーッと収まり、仕事への集中もできるようになっていきました。

※ちなみに後で妻に確認したら、「きちんとストーブのスイッチは消していた」とのことでした。すると、さらに不安や焦り、肩こりなどの症状は消えていきました。


このように思考や認知によって生じるうつ症状というのがあります。
これを専門的には「うつ状態」と呼んでいます。

(本来のうつ状態は上記のような思考によるうつ症状がかなりの間、持続します)

うつ状態は思考や認知を変えることによって、軽快もしくは消失します。
これがカウンセリングや認知行動療法が「うつ病(正確にはうつ状態ですが)」によく効くといわれる所以です。

ちなみに、「うつ病」とは思考や認知の歪みに関係なく起こります。
脳の神経伝達物質のバランスに異常が出ている状態だからです。
そのため、うつ病は認知行動療法やカウンセリングで軽快することはありません。
お薬と休養で脳の機能を整えることがまず優先となります。

逆に思考や認知による「うつ状態」は薬や休養のみでは軽快しないでしょう。
最初の私が経験したことは、「ストーブの電気を消したかどうか」がわかれば瞬時になくなるものだし、抗不安薬や抗うつ剤を服用してもなくなりはしません。

ただ、実際はベテランの医師でもうつ状態とうつ病の見分け方は難しく、両者が混ざり合っているケースも多々見られます。具体的には、「考えかたが悪くて最初はうつ症状を起こしていたが、それでも頑張っているうちに本当に脳が疲弊してしまい、うつ病になってしまった」というような例です。

そのため、うつ病治療はカウンセリングと薬物の併用が望ましいといわれるのです。

うつ病の治療は、薬物と休養の他に、このようなカウンセリングも視野に入れた方が良いでしょう。




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.01.21 Tue l 精神科臨床 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/314-77d0e97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味