【スポンサードリンク】
  



今日はリアリティセラピーの大阪一日研修に参加してきました。
講師は日本選択理論心理学会の会長の柿谷正期先生で、ロールプレイを一日かけてじっくり学びました。

私としては柿谷先生のカウンセリングも受けることでき(ロールプレイですが)、非常に濃い学びの一日となりました。
柿谷先生のロールプレイはやはりすごいですね。
傾聴や共感のスキルもさることながら、クライエントの寄り添い方、そしてどうすればクライエントの助けになる支援ができるのか、多くのことを学ぶ機会を得ることができました。

選択理論の学びはロールプレイを通して学びます。

そして、リアリティセラピーは特定のやり方があるのではなく、選択理論を学んだ人が、それをカウンセリングやセラピーに活かした時にリアリティセラピーとなります。

なので、リアリティセラピーのやり方は十人十色です。

ちなみにリアリティセラピーは、ロジャーズ派などのカウンセリングとは違って、かなり終わりを明確にイメージして行うという特徴があります。

例えば、クライエントの多くは「カウンセリングでどんなことを話せばいいかわからない」と曖昧なまま訪れることもあります。(現場でカウンセリングをしているとこういうケースは結構多いものです)
そこで、「とりあえず、話を聞きましょう」と漠然としたまま話を聴こうとすると、曖昧なまま傾聴を始めると、良くわからないまま、時間だけが過ぎていくこともあります。

リアリティセラピーでは、「せっかく来たんだから、今日はどんな感じで終わればいい?」と聴きます。クライエントに終わりをイメージさせます。このやり方はロジャースや精神分析ではあまり見られない方法だと思います。
この手法はカウンセリングだけでなく、いろんな話し合いに使える手なので、参考にしていただければと思います。

あと、リアリティセラピーは症状に焦点を当てないようにします。
うつ病でしんどい人に対して、落ち込みや不眠などの症状に焦点を当てることは基本はしません。

もちろん、私はプロとしてそうした症状を緩和する方法は確かに知っています。しかし、症状を緩和するより他にどうしようもない場合を除いて、基本は症状に焦点を当てないスタンスを私は取ります

ロールプレイのコツは、いかにクライエントが選択理論的な生き方が身につくようにできるか、そのお手伝いをカウンセラーがしていくことです。できればクライエントが自ら選択理論的な生き方が見えてくるように進めていくことが望ましいだろうと思います。
そのためにはやはり私自身が選択理論的な生き方ができるようにしていかないといけないと思います。

今日はいろんな方と一緒に選択理論の学びを深めることができ、本当に有意義な一日となりました。
また、これからの臨床に活かしていけるよう精進してまいりたいと思います。


↑今日の研修でも取り上げれられていたリアリティセラピーの実践には不可欠な書物です。ただ、絶版のため、かなり値段が高騰しています。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.02.11 Tue l リアリティセラピー l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/318-b589bbd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味