【スポンサードリンク】
  



今日は大阪梅田の田畑先生の研究会に参加してきました。

リードマネジメント、つまり職場の困りごとがメインでロールプレイの勉強をしました。
非常に勉強になりました。

リードマネジメントで大切なのは、「チーム」「組織」というのをいかに構成メンバーが意識できるかにかかっています。個人プレーはチームではあまり良いものとは思われていません。しかし、チームを活性化するための個人プレーであれば、非常に有益なものとなります。
それをチームのメンバーが共有できるような取組みがリードマネジメントには必須です。そして当然ですが、リードする以上、怖れや批判・非難は避けられるべきです。

田畑先生は上質世界をいかにクリアにしていくかに焦点を当てているので、非常にわかりやすく、「選択理論ってこういうものなんだ」というのが理解しやすいロールプレイをされます。基礎をしっかりと固めているという感じです。

私は田畑先生のやり方は非常にいいなあと思います。

ただ、非常にロジカルにロールプレイをされるので、それが合わない、固いと感じる人はちょっと合わないかもしれません。しかし、非常にわかりやすいです。

「こう切り返された場合は、このように返すといい」と論理的に教えてくれます。

やはり、同じシニアインストラクターでも柿谷先生、須山先生、渡邊先生、飯島先生、田畑先生と特色があって、非常に面白いです。

いろんな先生の技を盗んで、自分に合ったものを取り入れ、そして自分流に統合していきながら、より良いやり方を目指していきたいと思います。

武道でいう「守・破・離」ですね。
(「守・破・離」とは、師の教えをまずは守り、そこから自分流につい破り、師の教えから離れて自分流を身に着けるという武道・華道・茶道などで言われているその道の極め方のコツのことです)

今のところ、田畑先生のやり方は非常に私に合っているように感じます。
それを取り込みつつ、いろんな先生のやり方を取り入れて自分らしいやり方を極めたいと思います。

さて、明日は神戸の研究会です。
飛び入り参加も可能ですので、皆様の参加ぜひお待ちしております。
興味ある方はこちらから。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


関連記事
スポンサーサイト
2014.03.01 Sat l リードマネジメント l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/323-166430df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味