【スポンサードリンク】
  



私は不登校の親や子供のカウンセリングを多数経験してきました。

彼らの関わり方や対処法、理解の仕方については自信はあります。
基本は子どもをしっかりと理解するということに尽きます。
理解ができないとどんな対処法もアウトです。例えば、「待つ」という対処法がありますが、これは子どもが「さなぎのようにしっかりと自分と向き合って成長しているんだ」ということを確信を持って理解できないと、逆効果です。

しかし、多くのスクールカウンセラーでは、「不登校=待つ」という対処法を進めることが多いです。子供を全く理解できていないのに…です。待つのではなく、積極的に働きかけないといけないケースもあります。また食事を変えるだけで不登校が改善するケースもあります。

一般に不登校支援に長けている人ほど、不登校の子供の理解が早いです。一瞬で「この子はこういう子か!!」と理解し、だから即効果的なプランを作ることができるのです。

さて、不登校の親はかなりのストレスを抱えます。
その理由として、子どもが学校に行けないのは、親にとって相当なダメージです。
そして、子ども自身が学校に行けないというのは相当なストレスでもあります。

考えても見てください。
あなたが職場不適応を起こして、仕事に行けなくなった時点で、相当なストレスですし、自信もなくなり、もう全てが嫌になったと思うはずです。「自分はダメな人間ではないか」「働けないなんて周りからどう思われるか…」と悩むはずです。

これと同じ心境が不登校の子供にも当てはまります。
「学校に行けないなんて、人間失格だ」
「お母さんやお父さんは絶対失望しているに違いない・・・」
これが不登校の心境です。
そして、学校には行けない、しかし今のままだと自分はダメになるだろう。どうしていいかわからない。

だから、ゲームや趣味に没頭しようとするのです。
ネットで居場所を見つけようとするのです。逃げたいほどつらい心境なのです。
当然ですが、上記の心境は精神的には不健康です。このような心理状態が続けば、精神科のお世話になるような状態に陥ることもあります。しかし、これは学校に行くようになれば改善するもので、心の病気ではありません。なので、精神科を拒否してしまう子どももいますし、その気持ちは痛いほどわかります。


この子どもの気持ちに、不登校の親はなかなか気づけません。
「行かないなんて、さぼりだ。心が弱いからだ」
「何で行かないんだ。何が嫌なんだ!!」
「何とかして行ってもらえないだろうか?」
こう思っている内は不登校の子どもを理解することはまず不可能です。

そして、子どもの気持ちが理解できないまま、どんどん子どもとの距離がズレてきます。
これが相当な親のストレスになります。
相手の気持ちがわからないのに、相手の将来のために動きたいが、どうしていいかわからない・・・。

これは相当なストレスです。そして脳はストレスを避けようとします。その結果、子どもと距離を取るようになり、子どもはどんどん引きこもり化していきます。

これが不登校の現状と将来です。

なので、まずは子どもの気持ちを理解する、子どもの味方で居続けることを諦めないでください。
有能なカウンセラーと一緒に考えていくのも手です。きっと、あなたの子どもを理解する術を教えてくれます。

そして、どうしていいかわからなければ、子どもの気持ちを理解するという初心に戻ってください

それを忘れると、必ずすれ違いが凝り、子どもを引きこもりにさせてしまいます。そして、これはできるだけご両親が一緒に考えないといけません。母親だけでもできますが、父親も一緒に理解をしめしていくことで、母親も子供も安心しやすくなります。

あなたの子どもは非常にしんどい状態に陥っているのです。
それを救うために、家族や学校の助けが必要な状態なんだと考えることが不登校脱出の第一歩なのです。

以下のブログもおススメです☆
不登校の親の気持ち・心理状態
不登校 子供がゲームに依存する理由
不登校の感性 学校という場
不登校 原因
不登校 子供 予後



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.03.28 Fri l 不登校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/331-5e30ccd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味