【スポンサードリンク】
  



今日は竹内先生のブログに触発されて書いています。

「叱らない子育て」と聴くと、ストレスフリーでとても良い響きのように感じます。
しかし、全く叱らない子育てというのも問題だろうと思います。

竹内先生はブログ内で





なるべく叱らないほうがいいお子さんはいます。
逆に、ビシッと叱ったほうがいいお子さんもいます。

また
叱ることが非常にストレスになる親御さんもいますし、
叱らないことが非常にストレスになる親御さんもいます。

上記は、ほぼ生まれつき決まっています。





と書いていますが、確かにその通りだと思います。

ところで、「叱る」とはどのような行為なのでしょう?
「怒る」とは違い、感情をぶつけるというよりも、道筋を示していくという感じが強いですね。

「叱る」には「注意する」「促す」「諭す」「導く」「より良いやり方を示す」「意見を伝える」などのニュアンスが私にはあります。

「説教する」は「叱る」と「怒る」の中間のような感じですかね。

「叱る」とは選択理論的に言えば、かなり内的コントロールと外的コントロールの中間にあるような言葉で、一歩間違えれば相手をコントロールすることにつながったり、逆に相手の成長を導いてあげるようなものになってしまうのだと思います。

私の知っている校長は子どもの成長には「素直に叱られることが大切だ」と話されていました。

まあ、この辺りは人によって個人差があるかもしれませんね。
「叱る」に否定的なニュアンスを持っている方もおられますし。


ただ、叱らない子育てをした結果、荒れる子ども、引きこもり化してしまう子どもというのは確かにいます。
叱らないこどで自分を律することができなくなったり、却ってどうしていいかわからなくなったりして、ちょっとしたことで荒れたりふさぎ込んだりする子どもが増えてきているのです。
専門的な言い方をすれば、ソーシャルスキル(社会性)が低下しているということでしょうか

結果として、上手に周りと合わせられれず、ちょっとしたことでトラブルを起こしてしまい、生きるのが人一倍難しくなってしまう人がいるのです。

カウンセリングで「上司にはこういう風に言ったら通るよ」「友達にはこういう時はまずは断りなさい」と伝えると、「え、そんなやり方があるんですか?」とびっくりされる方がいます。普通なら知っていて当然のことを学んでいないために不適応を起こしてしまうケースがあるのです。当然ですが、こうしたケースは傾聴主体のカウンセリングでは効果はありません。

この記事を読んだ方は「いやいや、叱られ過ぎて逆に自信を失って、不適応を起こしてしまう人もいるんじゃないの?」という反論もあるかもしれません。

私から言わせれば。それは「叱る」のではなく、ただ「感情のままに怒った」だけだろうと思います。
もしくは、叱る中に相手を批判・非難するようなニュアンスがあったのだろうと思います。
「怒られ続ける」と人は自信を失くすか、逆に荒れてトラブルを起こし続けるようになります。

子育ての目標は子どもが「社会にしっかりと生きてい行けるように」していくことです。
その手段が「叱る」です。
日頃から「上手な叱り方」を意識していきたいものです。




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.04.18 Fri l 夫婦・親子・家族 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/336-31be2c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味