【スポンサードリンク】
  



今や全国の中学校全てにスクールカウンセラー(以下、SC)が置かれ、小学校にも配置されるようになってきました。

毎年、多くの臨床心理士がSCとして勤務していますが、これには様々な悩みがあります。

一つは一人職場ということです。
そのため、一人で「これでいいんだろうか」と悩みながら働いているSCさんは結構多いのです。

大学院や研修会でスクールカウンセラーの講義や授業はありますが、まあ現場で使えるかというとそこまでは遠いのが現状です。
また、多くの方は病院や福祉施設などと掛け持ちしており、専門となる背景もバラバラなことが多いです。

具体的に言えば、精神医療をしている方は薬や心の病気に非常に詳しいですが、その方面での経験がない場合は心の病気の理解は乏しいです。また現場によってはカウンセリングをたくさんできるところもあれば、カウンセリングをほとんどしない職場もあります。となると、SCによってカウンセリングのスキルもばらつきがあるのが現状です。

また、学校現場というのは他の職種と異なり独特の雰囲気があります。

こうした学校現場とずっと関わってきた人がSCをする場合と、学校現場を知らない人がSCをするのでは、学校という環境に適応するのに時間がかかることもあります。その分「私は現場で役立っているのか」と苦悩してしまうことも多いでしょう。

私の場合はSCをする前から学校の中で仕事をしていたため、割とスムーズに入り込むことができました。

しかし、初めて学校現場に入る方にとっては、どうしていいかわからず戸惑いながらスクールカウンセラーの仕事をしている人も多いんじゃないかと思います。

私もうわさでしか聞きませんが、なかなか学校現場に適応できず教職員から邪魔者扱いされるか「何もできない人」という烙印を押されたスクールカウンセラーというのは割と多いとのことです。

恐らく、どう学校現場で仕事をしていいのか、
わからなかっただけなんだろうと思います。

(まあ、わからなかったからできないでは行けません。プロである以上、わからなくてもできるように努力はするべきだと思います)

SCの仕事で非常に難しいのは、教職員と子どもと保護者の間に挟まれるような場合です。
例えば、担任が「あんなひどい奴は学校に来ない方がいい」と言い、子どもは「あんな担任がいる学校に行きたくない」と不登校を決め込み、保護者は「どうしたらいいんだ」とオロオロしている場合です。

こういう場にSCが入り、調整していくような場面は実は結構あるのです。
本来このような仕事は管理職がするべきなのでしょうが、残念ながら管理職が見て見ぬふりをするような状況もあります。

SCとして非常に苦しみ悩む場面でもあります。

この時にSCは誰の味方をするべきでしょうか。
子どもや保護者の味方をすると、間違いなく担任からの心象は良くありません。
担任を敵に回すと学校の居場所もなくなり、子どもや保護者の良い支援ができなくなります。

かといって担任の肩を持ちすぎると子どもと保護者はどんどんふさぎ込んでしまいます。

私はこの場合、「関係」の味方でいるようにします。
つまり「子どもと学校との関係、繋がりの味方」でいることです。
もっと具体的に言えば、「子どもが学校を通していかに自分らしく成長できるか」という大きな視野での味方です
この視点で見れば、どっちが悪いかではなく、「どうなればこの子はより良く成長できるか」で見ることができます。

新しくスクールカウンセラーをされる方は、学校現場でどう動けばいいのか悩むだろうと思います。
どうすればいいかわからない時は、まず「学校と子どもの繋がりの味方」でいてください。

そのためには、学校を良く知るということです。
学校がわからなければ子どもを支えることはできません。
まずはそこを理解するようにしましょう。

学校の教育への思いをしっかりと汲んでいくことが大切です。
その中でSCとして、あなたなりにできることを考えていきましょう。
そして、学校側から求められたことに応えられるよう真剣に取り組んでいきましょう。
学校はSCにいったい何を求めているのか、そしてそれはあなたが応えられるものでしょうか?

その継続がスクールカウンセラーの活動が活きることにつながります。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.04.24 Thu l スクールカウンセリング l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/338-82d3ba8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味