【スポンサードリンク】
  



選択理論の軸の一つは「批判からは何も生まれない」です。

しかし、私たちの周りには批判する人だらけです。

批判の言葉を全く聞かない日などほとんどないのではないかと思います。
カウンセリングに来る人は、大抵批判と非難をしているものです。

「あんな奴がいるから私はこうなった」
「いくら言っても変わらないから、もう無視している」
「本当にあの人のことを考えると頭が痛くなる」
「なんであんなことするの?頭がおかしいとしか思えない」
etc.

こういう話を聞くと、「相手を批判しても変えることができない」と知っている私たちはつい口を挟んでしまいます。

「そんなことを言っても変わらないよ」
「もっと相手を受け入れないと・・・」
「相手の気持ちをしっかりと聴かないと・・・」

当然ですが、私たちのこの提案が受け入れらることはほとんどありません。
相手はこの提案を「批判」と受け取ってしまうからです。

そのため、私たちが最初にしなければいけないことは、相手の批判したいという気持ちをしっかりと受け止めることです。これはカウンセラーであれば、できるようにならないといけません。

お母さんが「子供が学校に行かなくて、それでもうイライラして怒鳴ってしまうんです」という時に、「そんなことをしたらそりゃ行かなくなりますよ。もっと別の方法を考えてみませんか?」と伝えると、高い確率でこのお母さんは次からカウンセリングには来なくなります。

「批判する相手をまずは受け入れること」です。


そのためには、「何のためにこの人はこんなことを言っているのだろう?」と考えてみる視点が役立ちます。

お母さんが子どもに対してガミガミ言うのは、裏返せば子どもを愛しているからです。
まず、そういうことを言ってしまう、行動に移してしまわざるを得ない背景をしっかりと聴いていきましょう。
「そっか、そういう思いでそんなことを行ったんだ」とイメージができるように聴くことがコツです。

人は自分の気持ちを受け入れてくれたとわかると、心に隙間ができます。
そうすると自分の行動をしっかりと見直す余裕が生まれるのです。


この考え方を習慣にするのはなかなか根気がいりますが、できるようになると大分日常の人間関係のストレスが減ります。
ストレスが全くなくなるとは言えませんが、随分と心の余裕が持てる様になります。

選択理論を学んでいる人、
またカウンセラーや教師、看護師などの対人援助職の方、
このような考え方が身につけられるように学び続けていくことが大切だと思います。

ちなみにリアリティセラピー尼崎支部では、批判する人の受け入れ方・関わり方についてもお伝えしております。
興味のある方はぜひ一度お越しください。
お待ちしております。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.05.14 Wed l 人間関係 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/344-e6be8d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味