【スポンサードリンク】
  



昨日、中学校で「心の授業」を行ってきました。

中学生に選択理論の「基本的欲求」の話をし、自分の性格と上手に付き合うことが大切だということをお話しました。
実際にチェックリストを用意し、基本的欲求という「変わらない性格」の部分について生徒に自己評価でチェックをしてもらいました。

私たちのストレスの原因は「自分の変わらない性格(専門的には気質と呼びます)」と合わない生き方をすることが原因です。
例えば、寂しがり屋の気質を持っている人は、誰かと一緒にいる状態が自分に合った生き方です。
そういう人が一人っきりになっている状態は非常にストレスフルな状態です。

逆に寂しがり屋でない気質の人はそうした状況でもあまりストレスを感じません。

ただ、当然ですが私たちの人生は、「自分の気質にぴったり合う状態」になることはほぼ皆無です。
もしぴったり合って幸せだと感じたとしても、その直後にズレてしまうということはよくあります。

例えば、好きな恋人と一緒にいて寂しさが紛らわせたとしても、離れてしまえばまた一人っきりです。
上手く行ったと思ってもすぐに失敗して落ち込むことは多々あります。

大切なのは、自分の気質に合った生き方、自分らしく生きれるようにどう工夫して、改善していけるかです。

そのためには、自分らしさ、気質をしっかりと理解しないといけません。
その上で、「どう生きていけばいいか、付き合っていけばいいのか」を絶えず工夫していくことが大切なのです。

それが自己成長であり、自己実現ではないかと個人的に思っております。

私はスクールカウンセラーで、子ども気質分析をし、「あなたの性格はこうだから、こう生きたらもっとよくなるよ」と伝えることがあります。すると、子どもの中で何かつかめたみたいで、表情が明るくなったり、ホッとしたような表情を見せることがあります。
多分、自分に合わない中で頑張って生きてきたんだなあと、彼らのつらさを感じずにはいられません。

そのため、カウンセラーにとって気質分析のスキルは非常に大切なものだと思うのですが、いかがでしょうか?

私の授業で、子どもたちが何かをつかめたとしたら幸いです。
また日々の臨床を頑張っていきたいと思います。

   

↑気質の入門については上記の二冊がお勧めです。
特に子をもつお母さん・お父さんは子どもの「生まれつき性格」を大切にする子育てをお勧めします。

また選択理論の基本的欲求や概要について学びたい方は

がお勧めです。

また選択理論について直接学びたいという方は、
こちらへどうぞ
兵庫県の神戸と尼崎の二か所でやっており、私は神戸の研究会を担当しています。
尼崎は支部長の里見先生が担当しております。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.06.26 Thu l スクールカウンセリング l コメント (3) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

No title
みーなさん、お久しぶりです。

コメントありがとうございます。

>ちなみに、元不登校のカウンセラーの方も不登校に良く見られる気質の子は、自分をコントロール出来ると生きやすくなりますとつぶやいていらしたのを思い出しました。

→そうなんですよね。でも、中学生の時期はまだ自分について良くわかっていないのが普通ですし、「もっと自分を変えたいんだ」と躍起になる時期です。
だから、自分の「変わらない性格」についてもなかなか認めたがらないところがありますね。

でも、今は認めなくてもいいんだと思います。
周りの方がそうした部分をわかっていて、付き合うことで、徐々に自分の付き合い方を子供たちが学んでいくことが大切なんじゃないかと思うのです。

どこかで、「あなたはこういう性格だけど、お母さんはあなたらしくて大丈夫だと思っているよ」といったメッセージを送ることができるといいですね。

2014.06.27 Fri l 田中勝悟. URL l 編集
補足
自分の気質を理解した上でのコントロールというのが抜けました。すみません(^^;;
2014.06.27 Fri l みーな. URL l 編集
自分をコントロールする事
以前、学校カウンセラーについてコメントさせて頂いた者です。

中学校での心の授業されたとの事とても良いですね!
思春期にあたる時期なので友達関係悩む子も多いと思います。私も一番大変な次期だったかも。自分をコントロールする事は、大人になっても大事。

子供達に少しでもヒントになれば良いですね。

ちなみに、元不登校のカウンセラーの方も不登校に良く見られる気質の子は、自分をコントロール出来ると生きやすくなりますとつぶやいていらしたのを思い出しました。

我が子も、こういう所がなければもっと楽なのにーと思う事が多いのですが気質なので変えられないのですね(^^;;

どうやって上手くコントロールしていくか、人生まだまだなので、これから学んでいけると良いなと思います。
2014.06.27 Fri l みーな. URL l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/357-8c4355b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味