【スポンサードリンク】
  



発達障害という診断名は学校や医療現場などで、簡単に使われるようになりました。
あなたはADHDだ、あの人はアスペルガーだ、私はLD(学習障害)だ…などなど。発達障害が市民権を持って幾月か経っています。

ちなみに、私は今日は障害を持ったお子さんの療育の仕事をしてきました
障害と言っても軽微なものではなく、特別支援学校に行っているような子供が対象の仕事です。言葉がしゃべれない、パニックになったら手がつけられないようなお子さんと関わっています。ダウンや重度の自閉症のお子さんとも関わります。その中で、子どもに合った療育プランを適宜考え、実践しています。

そうした子どもたちと関わっていると、気軽に発達障害と呼んでしまう風潮にどうしても疑問を感じずにはいられません。
障害と呼ぶ場合、それは仕事や日常生活で支障が出るものを指します。

例えば、肢体不自由という障害は、移動や日常生活に確実に支障が出てきます。
だから車いすというフォローが必要なのです。

困った子=発達障害ではありません。
が、「困った子=発達障害だから」という風潮は学校現場や医療現場でもかなり見られます。
(まあ、気持ちはわからないでもありませんが・・・)

例えば、教室で暴れる子に、すぐにADHDという診断を付けたところで一体何が変わるのか。
大抵の処方は薬を飲んで落ち着きましょうというくらいの支援。後は補助が付く程度でしょうか。
実際には、担任が変われば、すぐに教室内で暴れることが一切なくなるというケースも多々あります。
よく聞くと、前の担任は「すぐに怒鳴る、叱る、悪いところばかり言う」対応で、だからそれに反応してその子も「教室で暴れる」反応を起こしていたとのこと。
もちろん、子供自身の成長もありますが。

これは担任との相性が悪かっただけなのではと思います。

ちなみに、発達障害の診断ですが、神田橋條治先生の追補 精神科診断面接のコツでは診断について3つの機能を上げています

一つは医師が患者を見立て、処置法を決定するための指針
二つは専門家同士で、患者の症状や病態を簡単に共有するための言語としての意味
三つは患者に症状や治療方針を説明するための道具
(わかりやすくするため、多少噛み砕いて書いています)

これらを「発達障害の診断」という観点から見ると、
「こういう風に治療、指導し、関わったりフォローすればこんな感じで良くなるだろうという方向性を見出すもの」
「教師、親、スクールカウンセラー、医師などの間で『こういう子どもなんだ』と簡単にイメージを共有しやすくするための言葉」
「親や子供に対して『こういうふうにしていけば大丈夫だよ』と安心感を与えるためのもの」
と、考えることができるかもしれません。

そして、大切なことはもしADHDとや広汎性発達障害という診断名は、大人が子どもをどうするかというために使われるのではなく、「現に困っている子どもをどうフォローしていくか」に焦点を当てて用いられるべきだということです。

「あの子は広汎性発達障害だから空気が読めなくても仕方がないよね」
「ADHDだから注意散漫で衝動的なのは仕方がないね」
ではないんです。

実際にそれで困っているのは子ども自身のはず。
発達障害の傾向がある子どもは、多々自尊心が低下している場合が多く、何をしても「したくない」とやる気がなかなか出てこないことも多いのです。

これは出来ないことが人よりも多かったために、達成感、充実感、つまり「俺ってやればできるんだ」という実感が乏しかったために起こるのです。
困っていないように見える場合は、「困り方」がわかっていない場合もあります。
困り方がわからないということは、壁の乗り越え方わからず、常に「俺はできないんだ。じゃあ、頑張るのをやめよう」と思うようになります。中学生になって、このような子どもは比較的多くみられます。人は取り残されるとなかなか頑張れないものなのです。

だからこそ、頑張り方が見えてくるように周りの大人たちがしっかりとフォローしていくことが大切なのです。

そのための方向性を見出す指針として、
また親や教師が子どもを理解するための共通言語として、
発達障害とは言わないまでも
「あなたはここが苦手だから、これができるように頑張っていこうね」と子どもに伝えるための道具として、
この診断名を使っていくことが大切ではないかと思います。

私はカウンセラーですので発達障害という診断名を使うことはありませんが、教師と子どもの関わりを見て「あの子はADHDのような傾向があるからこう関わって、このように指導すると上手く行きやすいですよ」とあえて診断名を使う場合も稀にですがあります。要は子どもとの付き合い方や指導のポイントを伝える道具として使うのです。
まあ、大抵は気質分析で十分なので、発達障害の診断名が必要になるケースはほとんどありませんが・・・。

発達障害の診断名はより良い支援へと先へつながるために使うべきだというのが私の考え方です。

要は安易な使われ過ぎが問題であって、しっかりと賢くこの診断名を有効活用していってほしいというのが私の願いです。


↑神田橋先生の発達障害に対する理解と支援の仕方があますことなく語られた良書です。発達障害の当事者、作業療法士、臨床心理士の方たちとの対談形式で、本当に読みやすいです。おススメの一冊です。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.06.27 Fri l 発達障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/358-09c7c778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味