【スポンサードリンク】
  



ようこそお越しくださってありがとうございます。

私はカウンセラーをしているので、訪れる人は心理的な問題で悩んでいる人たちです。

基本的に病気の人は、医者に診てもらうように勧めています。

さて、ここで質問です。

「病気の人」 と 「心理的な問題で悩んでいる人」

両者の違いはなんでしょうか?

カウンセリングに訪れる人は、自分が抱いている症状は「病気」だと信じていることが少なくありません。
例を挙げれば、「めまい」で悩んでいるとします。
病気だろうと思って、病院に行っていろんな検査を受けるのですが、どこも異常なし。
医師からはメニエール病や自律神経失調症など、「ストレスからくるのでは?」と言われます。
要するに「医学的な問題はないから、おそらく心の病気だろう」ということです。
心療内科にも行きますが、同じようなことを言われて、抗不安剤やめまいに聞くお薬を出されて終わりです。病名として「身体表現性障害」という診断名がつくでしょう。

それでも「めまい」は治まりません。どんどんひどくなっていくような気さえします。

そこで、カウンセリングに来るのですが、話しているうちに1つの事実を発見します。
それは、その人が夫婦喧嘩をして、配偶者に暴言を言った後に、決まって「めまい」が起こるということです。しかも、めまいは1週間ほど引きずってしまうということが話しの中で見えてきました。

※上記は架空のケースで、モデルはありません。ちなみに、私は許可をもらわない限り、ブログや公共の場で実際のケースの話をすることは絶対にありません。

つまり、出来事があって、めまいという症状が起こっていたのです。
これは心理的な問題が原因です。

ここで、先ほどの答えを私はクライエントに伝えます。
「もし、あなたの症状の原因が病気であれば何もできない。
しかし、心理的な問題が原因であれば、話は別。
自分の力で変えていくこと、治していくことができるよ

病気であれば、治し方は薬や療養や手術しか方法がありません。
自分の力で何とかすることは難しいでしょう。
もし、めまいの原因が脳に問題があれば、自分でできることはなく、お薬を飲んだり、手術をしたり、良くなるまでじっとするしか方法はありません。

しかし、心理的な問題であれば、自分で考えて対処法を見出して、実践していけば確実に改善することができます。
上記の例でいえば、夫婦の状態を見直してもらい、夫婦関係を改善するか、もし難しければどうしていくかをカウンセリングで話し合うことができます。仮に夫婦関係が改善し、イライラして暴言を言わないような考え方や対処法が身につければ、めまいという症状は改善することができるでしょう。

ただ、上記はあくまでも一例です。
ストレスもなく、人間関係も良く、問題なく過ごしているのに、めまいが出た場合は、まず病気を疑うべきです。
そうでないならカウンセリングで心理的な問題があるかどうかを探していくことが必要です。

ただ、ここで覚えてほしいのは、
心理的な問題が原因であれば、必ず自分の力で改善することが可能だ」ということです。
人間には自分の力で問題を乗り越える力を持っています。

私はそれを信じて今日の臨床も頑張りたいと思います。

読んでいただいてありがとうございました。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.08.25 Mon l 精神科臨床 l コメント (8) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

Re: タイトルなし
みーなさん、お返事ありがとうございます。

カウンセリングは受けてみてもいいかもしれません。
この辺りは直感的なものが大半ですが、検査で異常が見られない上で、もしみーなさんが「心理的なものでは…」と感じたのであれば、その感覚に従ってみてもいいだろうともいます。

みーなさんの症状が改善できることを心よりお祈り申し上げております。
2014.09.01 Mon l 田中勝悟. URL l 編集
お返事ありがとうございます。

栄養面は気にした事ありませんでした。気をつけてみる事にします。

カウンセリング…子供の不登校も完全には解決出来ていないのに、私がカウンセリング受けるというのに抵抗があって迷う所ですが、子供の為にも元気に動きたいので、考えてみようと思います。教えて頂きありがとうございます。
2014.09.01 Mon l みーな. URL l 編集
Re: ご無沙汰しております
みーなさん、こんばんは。

2年前からめまいですか。
お茶碗割ったり、車の運転など、日常生活に支障が出ているのでかなり大変じゃないかと思います。

また、めまいで一番きついところは、どこに行っても原因がわからないことがあるということですよね。

ただ、申し訳ないですが、みーなさんの文面からは、めまいの原因がカウンセリングの範疇かどうかは判断できません。一つは心理的なものと身体的なものの境界線が非常にあいまいなところがあるため、メールだけから判断しにくいところがあるんです。

ただ、「心因的なものかな?」と思うところがあれば、一度カウンセリングに行かれてもいいかもしれません。
できれば、精神医学系に強い方だと心強いです。

それと「めまい」は鉄分不足やたんぱく質、ミネラルが不足することでも起こりますが、そうした栄養面はいかがでしょうか?


2014.08.31 Sun l 田中勝悟. URL l 編集
ご無沙汰しております
最近といいますか2年前からめまいで悩んでまして、最近も病院に行こうか悩んでおりました。最初に起こったきっかけは、ピアノを集中して弾いている際に、鍵盤が左右に物凄い早さで、揺れ出したので地震だとびっくりしたら、そうではなかったという日を境にめまいが治りません。

で、眼科、脳神経外科、耳鼻科、めまい専門の病院に通院しましたが、原因不明。

これは、慣れだなと思い軽いめまいなら気のせいだと思い気にならなくなりました。しかし、最近車を運転していてハンドルを取られたり、お茶碗を割ってしまったり…

困ったなといった状態でした。
心因性なんですかね…
めまい専門の先生には、心因性かもしれないけどそう思ったら本当にそうなるからと言われ、気にしないようにしてたのですが。

そういわれたら、亡くなった義父の看病もあり忙しく体重も10kgほど減ってしまってた時期でしたね。

一時楽になりましたが、子どもの不登校をきっかけに、また眩暈が出てきましたね。

カウンセリングの範疇になるのでしょうか⁇

2014.08.30 Sat l みーな. URL l 編集
Re: No title
汐華さん、お返事ありがとうございます。

まあ、上記の症状の出具合だと、病気かどうかは判断は難しいところです。
医学は心ではなくて、身体を見ますからね。
だから、気持ちにムラがあっても、身体面では問題がなくて、気分も日常生活に支障が出ていないのであれば、病院でできることはあまりないだろうと思います。

ただ、その微妙なモヤモヤや良くわからないけど何か解決したいという場合、これはカウンセリングの範疇になうと思います。

情報有難うございました。
また、汐華さんのご都合がよい時で構いませんので、お待ちしております。

2014.08.26 Tue l 田中勝悟. URL l 編集
No title
お早い返事ありがとうございます。
DSMは様々なメンヘルサイトにも載せてあるので
何度も見た事あります。
今回この質問を投げかけた背景には、やはり自分が受診した時の事があります。
医師に診察して貰う前の問診表(?)に書く事がないんですよね。快眠快便食欲も普通。と思ったけど快便は・・元より胃腸が弱く万年下痢気味かな。
睡眠食事は昔から「寝たいときに寝る」「食べたい時に食べる」が基本だから当然と言えば当然かも。
夢は見るとき見ないとき大きくムラがありますが殆ど
「すごく楽しい」夢です。親が登場すると「最悪」な夢ですね。余計な事書いてしまいましたがカウンセリングの際の情報として(苦しい言い訳
2014.08.26 Tue l 汐華. URL l 編集
Re: No title
汐華さん、コメントありがとうございます。

> 興味惹かれる記事でした。

→ そう言っていただけると励みになります。


> 「病気」と認定(診断)するには何らかの症状(行動化含む)が必要になってくるのでしょうか?
> 例えば不眠であるとか食欲不振、過食etc.

→簡単に説明させていただきますと、精神医学の診断基準はDSMというマニュアルをベースとして行っています。一昔前は、医者や学派、病院によって、診断基準がコロコロ変わって、学会や検討会でも混乱が多かったため、診断をマニュアル化しようという動きがあって、その結果生まれたのがDSMやICD-10という診断基準です。

このDSMは症状の記述があって、例えば不眠、イライラ、希死念慮、食欲不振、落ち込み、胃痛といった、項目があり、いくつかに当てはまると「うつ病」という診断になるというものです。まあ、実際はその人の背景であったり、置かれている状況や考え方、雰囲気、既往歴や合併症などいろいろな要素を総合的に判断して、診断名を出すことになります。


> 人格障害の類だと本人からしてみれば問題と思える症状が無い場合もあると思います。そうだとした場合PDの診断は別の方法を取っているという事なのでしょうか。

→ちなみにDSMでは人格障害の判断基準もあります。人格障害は特に本人が問題を感じていない場合もあるので、客観的な評価としてDSMに照らし合わせ、その人の背景や思考パターン、感情の動き、雰囲気、置かれている状況を総合的に判断して診断を決めることになります。


>カウンセラーにする質問としては不適当ですが
>分かる範囲で教えて下さると嬉しいです( ・ω・)

→カウンセラーは医師ではないので診断を付けることはできませんが、「この人は病院に行ったらこういう診断がつくだろう」と見立てられる力が必要なので、この質問は大丈夫だろうと思いまう。
2014.08.25 Mon l 田中勝悟. URL l 編集
No title
興味惹かれる記事でした。
「病気」と認定(診断)するには何らかの症状(行動化含む)が必要になってくるのでしょうか?
例えば不眠であるとか食欲不振、過食etc.

人格障害の類だと本人からしてみれば問題と思える症状が無い場合もあると思います。そうだとした場合PDの診断は別の方法を取っているという事なのでしょうか。
カウンセラーにする質問としては不適当ですが
分かる範囲で教えて下さると嬉しいです( ・ω・)
2014.08.25 Mon l 汐華. URL l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/381-f110ce30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味