【スポンサードリンク】
  



こんばんは。
久しぶりの更新です。

早速ですが、私は子どもを「褒める」ということがあまり好きではありません。
まあ、褒めることはあるのですが、それは私が心底「すごいなあ」と思った時くらいです。

これはあまり知られていませんが、むやみやたらに子どもを褒めると高い確率で子供は自信を失くします。

それは「褒める」というのは相手をコントロールする意図が含まれている場合があるからです。
良い行動を褒めるということは、子どもが良い行動を取るようコントロールすることを含みます。
また、「これをすることが良いんだ」と大人の価値観を子供に押し付ける側面もあります。

例えば、子どもが頑張って賞を取ったとします。
それを大人たちが「すごいねえ」「やっぱあなたは天才だ」「こんなことができるなんて」と褒め続けると、子どもはだんだんと気まずさを覚える様になります。
そして、子どもによっては「次も賞を取らないと・・・」と変にプレッシャーを感じてしまったり、最初は好きでやっていたことなのに、段々と面白くなくなってしまいます。

お手伝いもそうですね。
褒めれば褒めるほど、子どもはお手伝いをしなくなる傾向があります。
褒めるということはご褒美みたいなものです。となると、ご褒美を与えていくうちに、段々より上質なご褒美を求める様になってしまい、結果として自分からお手伝いを進んでしなくなってしまうのです。

これらは、先ほどの「相手をコントロールすること」と含まれます。
子どもたちは褒められていく内に、段々と「もっとしないといけないんだろうなあ」という空気を感じ取り、そのため進んでやろうとしなくなってしまうのです。

また、心に思っていないのに、褒めても意味はありません。
無理して褒めてもそれが敏感に子どもに伝わるでしょう。

上記のことから、私は「褒める」ということをほとんどしなくなりました。
「頑張ったねえ」は言うけれども、「すごいねえ」というのは、極力言わないようにしています。

その代わり、私は「できているところを伝える」ようにしています。
例えば、子どもが賞を取ったら、「賞が取れたね」というのに留めます。その次に「どうだった?」と聴き、子どもが「嬉しい」と答えると、「そっか嬉しいか。あなたが嬉しいと私も嬉しい気持ちになるよ」という言い方をします。

お手伝いにしても褒めるのでなく、「ありがとう」「助かったよ」「それもできるんだねえ」と感謝を述べたり、できていることを指摘するようにするのです。

これは褒めるよりもかなりコントロール色の低い表現だと思います。

「できていることを伝える」ことで、子どもは「そっか、僕はこういうことができているんだ」ということに気づくきっかけをもらうことができます。

私たちは、自分一人では「できていること」に気づくことはなかなかできません。
誰かに教えてもらうことで、「そっか、自分にはこんな良さがあるんだ」と気づくきっかけになるのです。

そして、「できていること」がわかればわかるほど、私たちは自信を持ちやすくなります。
前に進む意欲がわき出てきます。

子どもと関わるときは、「褒める」のではなく、「できていることを伝える」こと。
これを意識するだけで、子どもとの関係で大きな変化が表れると思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.09.19 Fri l 夫婦・親子・家族 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/391-6d6229f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味