【スポンサードリンク】
  



よく誤解されていることですが、
カウンセラーは病気や発達障害の診断や疑いをつけることはできません。

「専門家だから、病気のことは詳しいだろう」
これはその通りです。
熟練のカウンセラーであれば、病気かどうかは合って話をすれば大体わかります。
統合失調症の症状も話やその人の様子からはある程度予想を付けることもできます。
また、発達障害の傾向もある程度様子を見れば判断はできます。

ただ、だからと言って、
この人が病気かどうか、診断を付けることはできません。

よく学校現場で、「親に子どもが発達障害で病院で行くように説得してほしい」という相談を受けることがありますが、これは本来はカウンセラーの仕事ではないと私は思っています。

カウンセラーの仕事は困っている人に、「どうすればもっと良い支え方、関わり方ができるのか」を一緒に考えて道筋を一緒に見つけていくことが仕事です。
その際に、発達障害や病気の視点からのサポートがあれば非常に有効であると判断すれば、そうしたことを伝えることがありますが、「困っている。発達障害だと思う。親を説得してほしい」ということで伝えることはまずありえません。

考えても見てください。
素人から、「あなた、うつ病よ」「ちょっと発達障害あるように見える」といわれてもそれほど気にはしません。
しかし、カウンセラー、専門家の人からそのように言われたら、どれだけその人はショックを受けるか。

障害のことを言わないで、「しんどいけど、頑張っていこう」という声掛けだけで十分なのに、下手に「アスペルガーの症状だ」とか言われると、一気にやる気をなくしてしまいます。

大切なのは、すぐにその人が障害を持っていることを伝えることではなく、それを把握したうえで、どう関わればいいか、支えていけるかを考えることではないかと思うのです。

昨今、教育現場では、特に都会の方では、落ち着きがないだけで、ADHDだという診断がつけられ、ほとんど何も手が付けられるず、薬だけ飲まされているというケースが多々あります。
診断がつけられなかった方が、絶対良かったと思えるような子供も少なくありません。

私も「〇〇君は発達障害の可能性があるのでは?」と相談を持ちかけられることがありましたが、大抵の場合は普通の子か、ちょっとゴンタ君か、まあ障害の診断を付けるまでではないケースが多いです。それよりも、その子がちょっとクラスの雰囲気に溶け込めるよう工夫をすれば大丈夫という場合も結構あります。その場合は「発達障害ではない」と慎重に言葉を選んでお断りすることも多々あります。

ちょっとクラスで溶け込めず、「じゃあ、病院へ」といって、結果として薬漬けになってしまう子供が大変多いです。
これは不登校でも同じ現象があります。

不登校の子どもは心身のバランスがちょっと不安定になってくるのですが、それを精神疾患の症状と見立てて、すぐにお薬を服用させてしまい、結果として悪化するケースも多々あります。

カウンセラーの仕事は病気や障害の診断を付けることではありません。
彼らが幸せに過ごせるようにサポートするのが仕事です。

そのためには、単に病気や障害という表面的なレッテルではなく、「こういうところをもっと理解すると、良い支援が見つかるよ」「この場合は、多分こういうことを考えたから症状に出たんじゃないかなあ。だからこういう風に言えば落ち着くよ」ともっと深いところでの助言を伝えることが必要ではないかと思うのです。

とは言っても、この辺りは非常に微妙なところで、カウンセラーの技量が問われるところです。
より良い支援のために、今後も研鑽をしていきたいと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.10.16 Thu l スクールカウンセリング l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/401-eb4400fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味