【スポンサードリンク】
  



私は自他ともに認める「力の欲求」がかなり強い人です。
ちなみに、「自由の欲求」もかなり強く、「愛と所属の欲求」は弱い人です。

この辺り詳しくない方はごめんなさい。
選択理論を学ばれた方は下記の話は良くわかるかと思います。



私は「力の欲求」が強いので、この欲求についてはかなり研究してきました。

よく「力の欲求」について、「他人をコントロールしたい」欲求と思っていらっしゃる方がおられますが、私の解釈では「力の欲求」と「他人をコントロールしたい」というのは別物だと考えています。

力の欲求の真髄は、「自分が願っている状態に近づきたい」というところにあるかと思います。
選択理論的に言えば、「上質世界に近づきたい」といえるかもしれません。

どういう事かと言いますと、私たちは皆「こういう風になりたい」という理想を抱いています。
この理想の世界を選択理論では「上質世界」と呼んでいます。

自分が理想とする状態に近づくということ、かなり自分の思い通りになっている状態ということです。
例えば、今までできなかったことが達成できた、仕事で昇進して発言権が増えるようなった、言うことを聞いてもらえた、私が正しいと思っていることを受け入れてくれた・・・などなど。

力の欲求が強い人は、自分の上質世界にあるイメージを手に入れようと強く動機付けされるため、実際の状況と上質世界にあるイメージがどれくらい違っているかにとても敏感です。

人の話を聴いて、素直に聴けず、「なんか違うんだよなあ」と思ってしまうタイプは、力の欲求は強いタイプです。
そのため何か言わずにはいれず、モヤモヤしてしまうのです。
「気にしないで、受け流しなよ」という文言は、力の欲求が強い人にとってはかなり苦手です。
かなり引きずってしまうでしょう。

ただ引きずるということは絶えず「どうすればいいかを考える」ということです。そのため、力の欲求が強い人は努力家が多いのです。

そして、力の欲求の強い人は、同じ強い欲求の人と何度もぶつかってしまいがちです。
上司や同僚、友人と何度もトラブルを起こしてしまったり、上の人から目を付けられてしまいやすいタイプは「力の欲求」が強いタイプに多いです(これは私のカウンセリングの経験からも確信を持って言えます)。

そのため、力の欲求の強いタイプは結構周りとズレてしまったり、軋轢を生んでしまうことが多いです。
さらに能力や才能に恵まれていない「力の欲求」が強い人は、その欲求を満たす機会になかなか恵まれないため、歪んでしまうことが多いです。

力の欲求について、もっと詳しいことを聞きたい方は、どうぞ11月2日の神戸研究会にお越しください。
その時にもっと詳しく、他の欲求や、そうした自身の欲求の付き合い方についてもお話したいと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


関連記事
スポンサーサイト
2014.10.30 Thu l 選択理論 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/407-21487666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味