【スポンサードリンク】
  



最近、クラインエントさんの
見立ての質を上げようと、
エニアグラムの勉強にハマっています。

エニアグラムを勉強しているのは、
気質という「生まれつき性格」をベースとして
クライエント理解をしたいという理由からです。


今まで、選択理論の「基本的欲求」の観点から
気質分析をしてきました。

基本的欲求のプロフィールを見れば、
大体その人が今までどんな人生を
送ってきたのかもある程度見えますし、
なぜそうした心理的な症状が出たのかも
有る程度分析することができます。


子どもや大人向けの研修も行ってきて、
皆さんかなり納得されています。


ただ、基本的欲求だけで気質分析をするのに、
どうも限界を感じる様になってきました。

他の観点からの分析法を身に着ける必要があり、
名古屋の心理カウンセラーの竹内先生の影響もあって、
ここ最近はエニアグラムを研究している最中です。

まあ、前も軽く勉強していたのですが、
再度熱が入ったという感じでしょうか。


↑今読んでいる本はこちら。
非常に論理的に書かれていて、
気質だけではなく性格についても
わかりやすく書かれています。


で、いろいろサイトを歩いたり、
書籍から、エニアグラムで自分の気質を
調べてみたのですが、どうやら私はタイプ2のようです。

竹内先生からも指摘され、
妻も書籍と照らし合わせてくれた結果、
まあ確実にタイプ2ということがわかりました。

タイプ2の特徴は困っている人を
見捨てられないドラえもんタイプだそうです。

う~ん・・・あまり認めたくないんですけどね。

でも、妻からは
「いや、その通りだよ」と言われたので、
納得するしかないようです。

確かに、自分でも否定は
しきれないところが多々ありますからね。

ちなみに、妻はタイプ4で、
理想を求める芸術家肌タイプだそうです。

なるほど…と今までの妻の行動パターンの
不可解な部分が一気に解明されました。

この部分は変えられないもの、
付き合うものと今まで以上に見えてきたので、
ある意味スッキリしました。


この辺り、妻は「ああ、やっぱりそうか」と
自分のことが整理できていた様子でした。

当面はエニアグラムの勉強をしつつ、
来年はワークショップにも参加しようかと思います。

ある程度できるようになったら、
選択理論の研究会でも紹介したいと思います。

あと、エニアグラムでいう気質と、
基本的欲求でいう気質はどこがどう違うのか、
またまたどう関わりあっているのか。

この辺りの答えは、
私の中で考察はある程度できています。

またまとまってきたら、ブログで書こうかと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.11.14 Fri l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/413-de1be98c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味