【スポンサードリンク】
  



今日はフリースクールの勉強会に
講師として行ってきました。

皆さん、とても熱心に聴いてくれたので、
私も熱を入れて話し込んでしまいました。

まだまだ、これから設立に向けて
ということなので、
いろいろと準備が必要ですが、
出来る限り、お手伝いをしたいと思います。


さて、私はスクールカウンセラーとして
不登校の親や子どものカウンセリングを
行ってきました。

不登校の親や子どもは
ただカウンセラーに話を聴いてもらいたくて
カウンセリングを受けようとは思っていません。

この現状を何とかしたいと思うから
カウンセラーの元を訪れるのです。


なので、ただ話を聴くだけでは
不登校の親御さんはきっと満足はできないでしょう。

だからこそ、

なぜ、わが子が不登校になったのか。
どうすればいいのか。

それをしっかりとコーチングできることが必須です。

特にスクールカウンセラーの方は
なぜこの子が不登校になったのかを
しっかりと保護者や教師に伝えられる
スキルと知識が必須だと思います。


最近、カウンセリングだけでは難しいなあと
思う事例が出てきており、コーチング的な対応を
することが増えてきました。

またコーチングだけでは難しいケースもあり、
その時にはカウンセリング的な
対応をとることもあります。

この辺りは感覚で使い分けていますね。

私が主体としているリアリティセラピーは
カウンセリングもコーチングも両方活かすことが
できるので、柔軟に使い分けることができます。

まあ、大切なことは
不登校のカウンセリングでは
うんうんと話を聴くだけではダメだということです。

少なくとも
「こういう風にすれば少しは前に進めるよ」と
コーチングできるくらいの腕がないと
難しいだろうと思います。

とはいっても、私もまだまだ半人前なので、
これからも多くの不登校で苦しむ人たちを
少しでも支えていけるよう頑張っていきたいと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2014.12.27 Sat l 不登校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/423-03e88e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味