【スポンサードリンク】
  



選択理論では、心の健康と食べ物との間には、
とっても深い関係があると指摘しています。

医学的に実証されていますが、
甘いものや炭水化物ばかりを食べると、
低血糖症になってしまい、
うつ病や人格障害のような状態になるケースも
あります。

実質、栄養をしっかりと撮るだけで
うつがかなり改善されるという例があるのです。

他にも統合失調症にはナイアシンという栄養素を
大量に摂ることで治癒できるという症例もあります。

それから自閉症も栄養の代謝が原因で起こる
場合もありますね。

上記はほんの一例ですが、
私たちの心の健康は栄養とは切っても切り離せません。

そんな心の健康と栄養について、
2015年2月11日に大阪で学ぶチャンスがあります。

この機会に、分子栄養学について、
学んでみませんか?

    《記》

「食べ物と精神衛生」

講師:田畑淳子
  (KYB豊崎クリニック医院長、
  日本選択理論心理学会院)

対象者:日本選択理論心理学会員
    その他一般(計定員80名)

参加費:学会員~5000円
    学会員以外~6000円

 ※参加費は当日支払

日時:2015年2月11日(水/祝)
   10:00~16:00

会場:大阪産業創造館   
   地下鉄堺筋本町駅12番出口より、
   東へ徒歩2分

申込先
 田畑雅紀
  TEL&FAX:0725-46-8113
  メルアド:tabaizm1@cotton.ocn.ne.jp

 ※ 上記メールアドレスにて、
  ①名前 ②電話番号とFAX ③住所
  ④Eメールアドレスを記入の上、
  お送りください。
 
 ※ FAXの場合は、①~⑤を
  記入した紙を上記番号にお送りください。

申込締切
 2015年1月31日(土)
 定員に達し次第、締め切ります。
関連記事
スポンサーサイト
2015.01.19 Mon l 心と栄養 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/431-68de710b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味