【スポンサードリンク】
  



こんばんは。

田中です。

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます。

今年の4月より、正社員の職になりますが、
それまでは私は基本一人の現場で臨床活動を
していました。

そのため、他の臨床心理士やカウンセラーの
人たちの仕事を見ることはまずありません。

しかし、時折、クライエントや学校の先生方、
数少ない仲間内の臨床家から、実情を聴くことが
あります。

その中で、よくあるのが、

「この人は勝ち負けにかなりこだわるからアスペルガーだ」
「落ち込みや不眠があるからうつ病だ」
「こき下ろしと理想化があるから境界型人格障害だ」

と診断を勝手につけてしまう臨床家たちです。

案外、すぐに診断を付けようとする臨床心理士や
カウンセラーが結構多いことに驚かされます。

※ちなみに、これは重要なことですが、
臨床心理士・カウンセラーや診断名を付けることは
できません。診断は医師だけができる医療行為です。


ものの10分で「この人はアスペルガーだ」と決めつける
カウンセラーの話を時折聞くと(主にクライエントから)、

私としては「で、そのカウンセラーはどうしたいのだろう?」
と疑問に感じてしまいます。

実際、話を聴くと、それらは心理的なものが原因で起こった
症状であることが多く、大抵はカウンセリングで改善できる
ことが多いです。

そういう人たちに、強引に診断を付けるということは、
その人たちが自分で改善できる可能性をつぶすということです。


それを平気でしている、その臨床心理士・カウンセラーの
姿勢に甚だ疑問を感じるばかりです。

もちろん、上記の障害や病気を見極める知識は必要です。

それができないと、クライエントを効果的に支援することは
ほぼ不可能でしょう。

(まあ、すぐに診断をつけたがるカウンセラーさんは、
適切に病気を見極めることはできないと思いますが・・・)

また、一部の病気や障害に見える症状は
その人の生まれつき性格によるところが
大きい場合もあります。

その場合は、生まれつき性格と上手に付き合う術を
カウンセラーが情報提供すれば、それだけでその人の
問題の大部分が解決するはずです。

まあ、ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたね。

私も偉そうなことをいえる身分ではないのですが、
ただ、上記のようなカウンセラーや臨床心理士によって
被害を被るのはクライエントです。

私としては、そうしたクライエントを少しでも減らしたいという
思いもあります。

なので、将来は、そうした臨床心理士・カウンセラーを
育てるような事業もチャレンジしていきたいと思ってます。

あくまでも夢であり、遠い目標ですが・・・。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2015.01.30 Fri l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/437-f404ca26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味