【スポンサードリンク】
  



今日、朝の情報番組スッキリ
「帰宅恐怖症」の特集がありました。

私は帰宅恐怖症ではありませんが、
世のお父さん、旦那さんの中には
「家に帰るのが怖い」
と言う方も多いみたいですね。

ちなみに、夫が家に帰らず車泊や
ビジネスホテルに入り浸るようになれば、
夫婦関係の修正はかなり困難です。

生理的に嫌悪感が走るようになると、
夫婦関係の継続は難しいです。

できれば、そうなる前に
予防線を取っておきたいものです。

ちなみに、予防の仕方ですが
基本は「話し合い」です。

私たち人間は「わかってもらいたい」
という願望があります。

そのため、
「言わなくてもわかってくれるべき」
という信念を抱いてしまいがちです。

そうなると、
「何でわからないのか!!」
とズレが起こった時に
相手を攻撃したくなってしまうのです。

しかし、
「言わなくてもわかってくれる」なんて
そんな都合の良いことはありません。


だからこそ、
「やはり、自分もしっかりと主張しないと
わかってもらえないだろう」

と考え方を意識的に修正する必要があります。

そうなると、相手と考えがズレたときに
しっかりと話し合いを行おうとする
習慣が身につくようになります。

そして、話し合いでは
「相手が悪い」という発言はしないのが基本です。

「私はこういうやり方は違うと思う」
と、私メッセージを使うことです。


この言い方は、相手に圧迫感を与えないので、
スムーズに話し合いをすることが可能です。

こうした話し合いを
日頃から地道に続けていくことが
帰宅恐怖症の基本となります。

ちなみに、夫が帰宅恐怖症になった場合は、
まずは「一緒に何かをする時間」を
作ることです。

一緒に何かをして、
お互いが「幸せだ」という時間を
作ることが、帰宅恐怖症の改善の第一歩です。

当然ですが、帰宅恐怖症は
夫だけの問題ではありません。

夫婦2人の問題です。

夫婦二人で居心地のよい家庭をどうするのか、
そのためにできることを一緒に考えていくことが
帰宅恐怖症を立ち直らせる方法なのです。


↑冷え切った夫婦関係をどう改善するか、
わかりやすく書かれています。

この本に書かれていることを実践しただけで、
破綻した夫婦関係が改善したケースも
聴いています。




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


関連記事
スポンサーサイト
2015.02.06 Fri l 夫婦・親子・家族 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/440-72bb7f08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味