FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

2015 02/08

怒りから生じる非定型うつ病が甘いものを欲しがる理由

今回の記事は小渕さんの記事に
影響を受けて書いています。

私はうつ病の方(多くは抑うつ状態ですが)の
カウンセリングを多く経験しています。

その中で、非定型うつ病だろうという人の
カウンセリングも多く経験しました。

(正式に言えば、非定型うつ病という診断名は
ありませんが・・・)

ちなみに、怒りから生じる非定型うつ病の方の
多くが甘いものを食べてしまうという傾向が
あることをご存知でしょうか?

非定型うつ病は通常のうつ病と違って、
以下の特徴があります。

○憂うつな気分だが好きなことには元気が出る。

○夕方から夜にかけて具合が悪い。

○いくら寝ても眠い、過眠傾向

○食べ過ぎる、甘いものを欲しがる、体重増加。

○イライラ、不安が止まらない。

さて、上記の特徴は
分子栄養学的に見れば、怒りによる低血糖状態
非常に関係があります。

非定型うつ病の方とお話をすると、
大抵のケースで「怒り」があります。

例えば、職場への怒り。家族、配偶者への怒りなど。

こうした怒りが出ると、最初に脳内の指令として
アドレナリンが過剰に分泌されます。

アドレナリンは肝臓を刺激し、グルカゴンから
グリコーゲンを大量に作り出します。

その結果、血糖値が増加します。

すると、膵臓からインシュリンが分泌され、
血糖値が大幅に下がります。

そうなると、今度は血糖値が下がり、
低血糖状態になります。

すると、今度は血糖値を上げるために、
「甘いもの」を欲するようになります。

そうなると、今度は血糖値が不安定となり、
アドレナリンとインシュリンが交互に
分泌されるようになります。

ちなみに、非定型うつ病の方で
胃の周辺の痛みを訴える人は多いです。

また、低血糖症状のため、いくら寝ても
眠さ、だるさ、しんどさは続き、過眠状態となるのです。

ちなみに、非定型うつ病は20~30代に
多いとのことですが、この年代は
社会の理不尽さに一番
巻き込まれやすい年代です。


彼らのカウンセリングをしていると、
大抵はこうした理不尽さによる怒りがあります。

あと、怒りとは関係のない状態になれば、
うつ症状は軽減することが多いです。

だから、楽しい時間は楽しむことが可能です。

しかし、怒りの原因となる状況に向き合うと、
怒りが再燃し、そのため上記の非定型うつ病の
症状が出てしまいます。

この辺り、新型うつ病の人と似ているかもしれません。

まあ、上記の症状は低血糖によるところが大きいので、
内科の検査をとっても、異常は見られません。

しかし、分子栄養学的に見れば、確実に
体の中で大きな変化が見られることが多いのです。

興味がある人は
5時間糖負荷検査を受けることをお勧めします。

もし、怒りから上記の非定型うつ病の症状が
出ていると思われたら、できるだけ早めに
カウンセリングを受けることをお勧めします。l

怒りのコントロールをすることで、
上記の症状を抑えることは可能です。

興味がある方は、小渕さんの
アンガーマネジメントを学んでみるのもいいでしょう。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト



この記事と関連する記事

怒りから生じる非定型うつ病が甘いものを欲しがる理由

(3)TB(0)

AFTER「大阪で分子栄養学の研修に参加してきました☆

BEFORE「帰宅恐怖症の夫の心理と予防・改善方法

COMMENT

  • No.214 No title

    なるほどー。ありがとうございました。

    投稿者:汐華 2015/02/08 (日) 18:01 [ 編集 ]
  • No.213 Re: No title

    汐華さん、精神医学的にはそういう病気はないと思います。

    楽しいと思えるということは、何らかの欲求を満たすということが必要です。

    そして、30代以上になると、楽しみを見出すのに、単に楽しいだけでなく、「こうすることで自分は次につながる、自己成長できる」という実感を伴うことが必要になります。

    汐華さんの場合は、エニアグラムがタイプ8と言うことであれば、何らかの形で周りからの注目、自分の力を思う存分に発揮できるような場所があるか、それに近づけることで楽しみを見いだせるのではないかと思います。

    つまり、何らかの達成感が味わえるといいかもしれません。

    世間一般の、いろんな人とおしゃべりしたり、娯楽やレジャーで楽しみを見出すタイプではないのかもしれません。

    ちょっと、自論が入りましたが、以上が私の回答です。

    投稿者:田中勝悟 2015/02/08 (日) 17:27
  • No.212 No title

    鬱(気分が沈むことは皆無)にはならないけど(若い頃はブルーになることはあった)けど楽しいと思ったことが一度もないのは何の病気でしょう(´・ω・`)ショボーン

    投稿者:汐華 2015/02/08 (日) 16:35 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top