【スポンサードリンク】
  



皆さん、こんばんは。

今日は選択理論の大阪一日研修会でした。
内容は「分子栄養学」です。

今まで柿谷先生の講座や本やブログ等で、
独学ですが、分子栄養学は勉強してきました。

実際に、カウンセリングでも
使うことがありました。

(まあ、といっても今はカウンセリングで
分子栄養学を行うことはありませんが)

今回は初めて、専門の医師から
分子栄養学の講義を受けたのです。

感想ですが、非常にわかりやすかったです。

医師の田畑淳子先生のお話は
非常にわかりやすく、
今まで独学で学んできた栄養療法の知識が、
一気に整理されたかのようでした。

血糖値や鉄欠乏を始め、
リーキーガット症候群や、血糖値を上げない
食べ方など、分子栄養学の要点を
わかりやすく、余すことのなくお話しして
くれたように思います。

また、田畑先生は、
「栄養療法はサプリメントだけで行うのではなく、
日々の食生活に落とし込むことが大切」
と力説されていました。

私は、食生活と心の健康は非常に密接な
関係があると思います。

例えば、就職後1年以内にうつ病になる若者は
非常に多いですが、その原因として
一人暮らしになったために食生活が乱れたことが
考えられます。

食生活が乱れると、脳が正常に機能しなくなり、
ちょっとストレスに過剰に反応して一気にうつ症状に
陥ってしまうのです。

この栄養面からのアプローチは原因不明と
されていた多くの精神疾患の解明にかなり
光を与えるのものだと思います。

が、栄養療法が精神医学の方面で
浸透することはまずありえません。

少しずつ栄養療法を行う医師も増えてきていますが、
浸透することはあり得ません。

この理由はあるのですが、
説明はまたの機会にさせていただきます。

だからこそ、私たち一人ひとりが、しっかりと
心と栄養の関係を勉強し、学び続け、
より良い食生活をすることで、自分の身を
守ることしかできないのです。

栄養とカウンセリングで、多くの精神疾患は
改善できるものだと私は信じています。

これからも多くの人たちの支えとなるためにも
分子栄養学は学び続けていきたいです。

どうもここまで読んでくださって
ありがとうございました。

分子栄養学については、
今後も神戸研究会でお話をしていくので、
興味ある方どうぞお越しください。




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2015.02.12 Thu l 心と栄養 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/442-a6d52707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味