【スポンサードリンク】
  



いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます。

今回も、私が思っていることを
ブログで書き綴りたいと思います。

基本、不幸なカウンセラーは
カウンセリングをすることはできません。

これは私自身の経験からも言えます。

カウンセラーの身に不幸が立て続けに
起こり、心身が不安定になった場合は、
できればカウンセリングをしてはいけないと
思います。

もし、カウンセリングをするのであれば、
その中でも自分自身を立て直す術を
持っておくことが必要です。

例えば、夫婦関係が悪化していて離婚の
危機にあるカウンセラーが夫婦の問題で
来られているクライエントの相手をするのは
非常に難しいでしょう。

グラッサーによれば、
幸せと言うのは「選択」です。

「選択」には2通りあります。
1つは考え方。
2つは行動で現状を変えていくこと。

つまり、カウンセラーは不幸な状況に
陥ったときに、できるだけ柔軟に思考を修正し、
できるだけ柔軟に幸せに現状を変えていける
セルフカウンセリングができるスキルが必要です。

ちなみに、
良いカウンセラーかどうかを見極める術ですが、
一つはカウンセラーが
幸せかどうかでしょう。


不幸そうに見えるカウンセラーから
カウンセリングを受けるのは避けた方が良いです。

不幸なカウンセラーと言うのは、
クラインエントみたいな
カウンセラーのことです。

幸せなカウンセラーとは、
良く笑い、楽しそうに過ごしていて、
それでいて毎日充実しているようなカウンセラー。

もしくは、一見暗そうに見えても
「毎日この人なりに楽しんでいるんだろうなあ」と
思えるようなカウンセラー。

もちろん、相性も大事ですが、
そうした人にカウンセリングを受けることを
おススメします。

そういうことを言っている私も、
幸せに過ごしているのかどうか、
ちょっと怪しいところがあります。

どうすれば幸せに生きれるか、
自分なりに自問自答・改善し、
頑張っていきたいと思います。

やはり、カウンセラーたるもの
クライエントの見本となるよう
幸せに生きる義務がありますから。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

関連記事
スポンサーサイト
2015.02.16 Mon l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/445-80d66b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味