FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

2016 09/23

不登校の子どもの苦しさ

お久しぶりです。

久しぶりに記事更新しました。
いろいろと問題や苦しいことはありますが、何とか過ごせている状況です。

本当にいろんな方に迷惑をかけながら生きています。
そんな私を支えてくださっている人たちに感謝です。

さて、最近ですが、昔、不登校になった子どもが爆弾魔になってしまい警察に捕まってしまった事件の紹介をテレビで見ました。

かなり昔の事件なので、不登校について全く理解がなかった時代の話です。

この当事者の子どもは不登校になって本当に苦しかったんだなあと思いました。
苦しかったからこそ、何とか自分を生かさなければと思い、爆弾魔という選択をしてしまったんだと思います。

誰かが、この子の苦しみを理解して、寄り添うことができたら、別の道を選ぶことができたんじゃないかと思うと胸が苦しくなります。

不登校の子どもは、みんなが学校に行かなくって幸せだ!!さぼって幸せだ!!とは思っていません。

学校に行けないことに苦しみや葛藤を抱え込んでいることが多いのです。

そして、その苦しみから逃れるために、学校を上質世界から切り離したり、ゲームに依存したり、最悪は自殺を選んでしまうことになります。

それくらい学校に行けないことは苦しいことなのです。

もちろん、不登校なりたての頃は、そんな気持ちなんて微塵もないでしょう。
しかし、徐々に雪だるまのように学校に行けない自分に嫌悪感を感じ、苦しくなってしまうのです。
その結果、一切感情が出てこないこともあり得ます。

今回、こうした子どもたちに対して、彼らを支える親に対して、私は親の会を立ち上げようと決心しました。
ありがたいことに協力者もいます。本当にありがたいことです。

まだまだ事情により、このブログでは明記できませんが、
興味ある方、参加したい方、また私と会いたいという方はお手数ですが、
右下のメールフォームより一方ご連絡ください。

親の会の日時や内容等をお伝えさせていただきます。

ではでは、どうぞよろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

この記事と関連する記事

不登校の子どもの苦しさ

(2)TB(0)

AFTER「「嫌われる勇気」が批判される理由

BEFORE「ブログ休止のお知らせ

COMMENT

  • No.234 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    投稿者: 2016/11/24 (木) 12:03
  • No.233 親の会

    親の会立ち上げるのですね✨
    私も東京なら参加したいのに残念です
    札幌に来る事がありましたら是非ご連絡ください。
    お待ちしております✨

    投稿者:小池 博子 2016/09/23 (金) 18:21 [ 編集 ]

MESSAGE

非公開コメント

Top