【スポンサードリンク】
  



おはようございます。

いかがお過ごしでしょうか。
今日は子育てについてお話ししたいと思います。

子育ての目標の一つとして、「社会で生きていく力を身に着けていく」ということが良く挙げられますが、もう一つ大切なことは「忍耐力を育てること」だと思うのです。

私はカウンセリングをしていますが、その中でも「忍耐力」というのは本当に大切だと痛感しています。

ここまで耐えてこられたから、この人はかなり成長したと思わせる人とお会いすることは少なくありません。
中には、私自身脱帽するほどの忍耐と根性を持って、しんどい中を突き進んでいる人もおられます。

こうした忍耐力は本当に大切なことなんだと、カウンセリングを通じてしみじみと感じさせていただいています。

子育てでも、忍耐力を育てるということ、我慢する力というのは本当に必要なことです。

やりたいことを我慢させるということも、親の大きな勤めではないかと思います。

ちなみに、子どもの場合、小さいうちは言い聞かせて我慢を教えることができます。
しかし、小学校高学年・思春期に入ると、言い聞かせすのではなく、話し合うことで我慢・忍耐を教えていくことが必要になります。
要は親が忍耐・我慢を教える段階から、子ども自身が忍耐・我慢の仕方を考えて学ぶという二段階があるのです。

このコツについては、選択理論 神戸支部研究会で学ぶことができます。
ちなみに研究会は1月22日(日) 13:30~16:00 
神戸勤労会館の3階303号室で行います。

参加費は1000円です。

参加希望の方は右のメールフォームより、参加申し込みをお願いします。

テーマは「上質世界をより良く理解する」です。
レクチャーの後は、ロールプレイで体験的に学ぶ時間も設けています。

参加できる方は、どうぞご参加ください。



関連記事
スポンサーサイト
2017.01.11 Wed l 夫婦・親子・家族 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/480-6f20b944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味