【スポンサードリンク】
  



こんばんは。
なかなかブログが更新できずすみません。
先週は妻と東京に行ったり、また新しい職場との調整や研修が重なってしまって、なかなか更新ができませんでした。
東京旅行はとっても楽しかったです。
スカイツリーやジブリの森に行けましたし、とてもよい時間を過ごせました。

東京旅行中にやっとグラッサーのテイクチャージを読破することができました。




正直言うと、今までの選択理論の本と比べて、めちゃくちゃ面白かったです。

個人的にはグラッサー博士の選択理論より読みやすく、「なるほど」と思えるような内容でした。

以下、ちょっと抜粋します。
・もし私たちが自分の人生の舵を取りたければ、いかなる二人も同じ写真を共有することはできないという認識が、周囲にいるすべての人とかかわる際の不可欠な要素とならねばならない。

・うまくやっていけばいくほど、より多くのイメージ写真をまた共有できるようになる。

・効果的な変化を創造する努力をしている私たちにとって、習得するためのもっとも難しいレッスンの一つは、あるものが、わたしの欲しいものと違うという理由で「悪い」というレッテルを貼らないようにすることだ。

・私たちは、真の葛藤を抱えているときに、できるだけ効果的に何もしないでいることが、どれほど価値あることかを理解できていない。

・もし私たちが苦痛や障害を抱えて動けなくなれば、葛藤を抱えている人を支援できないだろう。

・わたしの意見では、私たちが自分の人生の舵を握ろうとしているときに、私たちの行動のなかで、批判は唯一もっとも破壊的な行動だ。

・私たちが惨めになる選択をしても、求めているものが手に入らず、よりよい選択肢があると私たちが信じると濃い、私たちは素早く惨めであることをやめてしまうだろう。

などなど。
上記がどういう意味を持つかは、実際にテイクチャージを読んでいただけるとはっきりとわかるようになります。

また、2月26日にある選択理論研究会では、テイクチャージの「葛藤の解決の仕方」を中心に学びを共有したいと思います。

興味がある方はぜひご参加ください。



関連記事
スポンサーサイト
2017.02.20 Mon l 選択理論 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/486-e450e358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味