【スポンサードリンク】
  



こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

今回は怒られたときの気持ちの持ち方についてお話ししたいと思います。

私は基本、怒られることがかなり多い人間です。

それだけ私自身がまだまだ人として完成していないところがあるのだと思います。

以前の私は、怒られると「なんでそういうことを言うんだ」「こいつは俺のことを全くわかっていない」と思い、素直に聴けないところがありました。

その分、プライドだけは無駄に高くて、人の話を聴こうとしないところがあり、そのために周りの人から敬遠されることもしばしばでした。

だからこそ、30過ぎていらない失敗もたくさんしましたし、人間としてダメな部分をたくさん見せられ、凹むことも多々ありました。

今は新しい職場に入りましたが、それでも怒られることはたくさんあります。

ただ、今の私は怒られたというよりも、「教えてもらった」という思いのが方が強いです。

考えないといけないことは、「なぜ、今私が怒られたのか?」という視点で考えることです。

人生に意味がないことは一つとしてありません。

怒られたこと自体に意味があります。

それはおそらく、「あなたはまだ価値があるから、あなたの人間性を高めるために」怒られたのです。

つまり、怒られたのではなく、「あなたにはまだ価値があるから、教えてもらった」という視点で考えていくことです。
こうした考え方は「選択」です。

怒られれば怒られるほど、あなたの人間性は高まります。
そこに感謝をしていくことが大切です。

自分の至らなさを教えてもらったことに感謝をし、そのことを素直に受け取ること。
こうした考えを持つことが、実は怒られたときの、一番の心の持ち方だと私は思っています。

メンタルが弱い人の特徴は、すぐに自分の我が出てしまうことです。
(一概には言えませんが・・・)

「自分はできる」という考えは非常に危険だと思います。

そうした我を取り去り、素直に聴いていく姿勢こそが、実はメンタルを強くする秘訣なのだと私は思います。

まだまだ私自身も修行中です。

その分、自分を磨くことができる機会を頂いていることに本当に感謝です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビクトール・フランクル絶望の果てに光がある [ 諸富祥彦 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/4/3時点)




↑私の考え方はフランクルの考え方に依拠しています。
人生には意味がある。あなたが生きていること自体が意味がある。
私の座右の銘です。

関連記事
スポンサーサイト
2017.04.03 Mon l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/498-842d8d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味