【スポンサードリンク】
  



こんにちは。


今回はメンタルヘルスが病みやすい人の特徴について書かせていただきたいと思います。


メンタルヘルスが病みやすい人はどんなイメージがあるでしょうか?

心が弱い人?

すぐにつぶれる人?

自分の意見を出せない人?

我慢する人?


私自身もメンタルがすごく病みやすいところがあるのと、不登校・引きこもりなどの方とお会いすることが多いので、この辺りはかなり真剣に考えることがありました。


結論を言えば、メンタルヘルスが病みやすい人の特徴は、「我が強い人」「自分が強すぎる人」「自分を出そうとしすぎてしまう人」だと私は考えています。


不登校や引きこもりの方の特徴は、とにかく「我が強いこと」です。

日生学園の青田先生風に言えば、「個性が強すぎる」ともいえるでしょう。


我が強い人はとにかく周りとの雰囲気や考えの違いにさらされることになります。

それを敏感に感じてしまうと、今度はその違いが「周りからのプレッシャー」になってしまいます。


さらに、自分を出そうとしても、周りがそれを受け取ってくれるわけではありません。

そうした時に「あの人は私のことを理解してくれない」と思ってしまうと、一層周りとの間に壁ができてしまい、メンタルを悪化してしまうことになります。


選択理論的に言えば、「自分の上質世界に固執している状態」と言えます。


自分の上質世界の固執していると、段々と愛と所属の欲求が満たされなくなり、同時に他の欲求充足をすることが難しくなるのです。


その結果、精神的に不安定になり、メンタルヘルスが悪化してしまいます。


メンタルヘルスが病んでいる人ほど、自分の我に固執してしまう傾向があります。

そうではなく、周りに合わせる、周りのことを考えていけるようになることがメンタルヘルスの改善には必要です。

最初は自分がなくなりそうで怖いと感じるかもしれません。

しかし、一歩踏み出して、周りに合わせる選択、自分ではなく周りのことを考える選択をしてみると、時間はかかりますが、思いのほか心が軽くなることに気づくと思います。



関連記事
スポンサーサイト
2017.05.09 Tue l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/505-030e3a9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味