【スポンサードリンク】
  



気持ちの整理がつかない時の対処法についてお話したいと思います。


気持ちの整理がつかない場合は、とにかく気持ちを外に出すことです。


箱をイメージしてみてください。

箱にいろんなものを詰め込んでしまい、どこに何があるのかわからない状態で、箱自体が一杯一杯になっている状態です。

その上に、新たに何かを詰め込もうとすると箱が壊れてしまうかもしれません。


これが気持ちの整理がつかない状態です。


こういう時は、箱の中身をいったん出して、まずは何が入っていたのか、どこにどうあったのかを見てみる必要があります。

そうなると大半はいらないものだったかもしれません。


いらないものを箱から出すだけでもかなり中身はすっきりします。

すっきりすると、箱の中身がよくわかるようになり、今度はちゃんと見えるように整理することができます。


つまり、気持ちをしっかりと吐き出すこと。いったん外に出してしまうこと。

親しい人がいれば相談する、話すといいです。


誰にも話したくない場合、箱がかなりぐちゃぐちゃになっている場合は、いったん紙に書き出す方法もありです。

書き出したものを見て、いらないものに線を引いていくだけで、気持ちがどんどん楽になります。


それでも難しい場合は、カウンセリングを受けるという手もあります。

カウンセリングでしっかりと出すことができれば、自然と気持ちが整理できるようになります。


以上が、気持ちの整理がつかないときの対処法です。

皆さんの参考になれば幸いです。


関連記事
スポンサーサイト
2017.06.08 Thu l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/514-1b9b5807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味