【スポンサードリンク】
  



こんにちは。

久しぶりの投稿です。


相変わらず仕事でストレスを抱え込んだ日々を過ごしていますが、大分慣れました。


いや、やせ我慢なだけかもしれません。

メンタルは少しだけですが強くなったのかなと思います。


今回は心の病ってカウンセリングで治るのかどうかです。


昨今、「心の病」ってよく言われるようになりましたが、

まず心の病になりやすい人はどんな人でしょう?


一言で言うと、我が強い人です。


メンタルヘルスが病みやすい人の特徴


前に出すぎてしまう人、

感謝ができない人、

自分が一番だと思っている人、

自分のおかげで回っていると思っている人、


こういう考え方の人はメンタルが病みやすいです。


逆に

一歩下がる人

常に感謝を忘れない人

自分はまだまだだと思っている人

周りのおかげで生かされていると思っている人


こういう考え方の人は心の病になりにくいです。


さて、カウンセリングで心の病が治るのかどうかということですが、それには上の考え方を下の考え方に変えることができるかどうかに限ります。


そのためには話をしっかりと聴くということです。


不思議な話ですが、人は気持ちを汲んでもらうとどんどんと気持ちが楽になり、一歩引いて考えることで、謙虚に受け止める余裕が出てきます。

その中でクライエントが我を張らず、メンタルを強くしていくことで、徐々に心の病が治ることができます。


結論を言えば、カウンセリングで心の病は治るということです。

ただ、それにはクライエント自身がカウンセラーと協力して、自分の考え方や生き方に向き合い、その中で新しい生き方を模索しなければいけません。

(新しい生き方とは自分の価値観を変えていくことです)


当然ですが、非常に苦しいものですが、一つ一つ乗り越えるたびに喜びもあります。


これが心の病を治すための一つの方法です。


関連記事
スポンサーサイト
2017.07.28 Fri l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/523-56da8d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味