【スポンサードリンク】
  



こんにちは。

久しぶりの投稿です。


今回はシェイキングベビー(乳児揺さぶられ症候群)の防ぎ方についてお話したいと思います。


シェイキングベビーとは、泣き止まない赤ちゃんに対して、大人がイライラして赤ちゃんを揺さぶってしまい、そのために脳に損傷を起こしてしまう状態です。


確かにお母さんやお父さんが疲れているときに、思いっきり泣きだしてしまうと、本当にどうしていいかわからないくらいにイライラしてしまいます。

赤ちゃんを揺さぶりたくなる気持ちは本当にわかります。


しかし、その結果シェイキングベビー症候群になってしまい、逮捕されてしまった親もいるのも事実。


そこで、シェイキングベビーの防ぎ方をお伝えします。


その方法は、

まずは赤ちゃんが欲しいものや何を求めているのかを考えて対応してみる。

それでも無理なら、泣きだした赤ちゃんを安全な寝台やゆりかごの中において、その場を離れてお母さん自身がリラックスする。


じつはこの方法は厚生労働省が発表しているやり方です。


ホームページ


これはアンガーコントロールでもよく言われている方法ですね。


まずイライラしてしまうのであれば、落ち着くまでその場を離れるということです。

それだけでお母さんも心に余裕が出きて、安定した子育てができる可能性が高くなります。


以上がシェイキングベビーの防ぎ方です。


この記事を読んで、お母さん・お父さんが少しでも楽になり、幸せな家族が作れることを願ってやみません。




関連記事
スポンサーサイト
2017.08.06 Sun l 夫婦・親子・家族 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/525-7172c64a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味