FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「描画検査はカウンセリングでは重宝する技法です

BEFORE「下座行の勧め

2017 09/18

話を聴き続けるだけでは難しいクライエント

いかがお過ごしでしょうか。

台風は兵庫を通り過ぎ、今は新潟のところにいるようですね。

テレビで見ていると被害の多さに絶句しています。

皆さんの住んでいるところはいかがですか?


カウンセリングではクライエントの話を聴くことが第一ですが、私のカウンセリングは結構カウンセラーである私自身がしゃべります。


多い時だと、50分のうち、30分くらいはしゃべり続けていたこともあったかなと思います。


もちろん、ずっとひたすら聴き続ける場合もあります。


要はクライエントにやその時の状況によって「この人はずっと聴き続けた方がいい」「カウンセラーから積極的に話し続けた方がいい」ということですが、この見定めが非常に難しいです。


話を聴き続けるだけでは難しいクライエントがいることも事実です。


話せば話すほど混乱してしまい、よりぐちゃぐちゃになってしまうクライエントがいます。

その場合はカウンセラーの方で話をして、方向を修正しながら進めていく必要があります。


ただ、その時に必要な作業は「確認」ですね。


「今からカウンセラーの方から話をしてもいいですか」

と前置きをしてから、カウンセラーから話をしていくこと。


基本「カウンセリング=クライエントの話を聴く」ことなので、カウンセラー側から話をする場合はかなり気を使って、丁寧にする必要があります。


ここら辺のやり方は、リアリティセラピーに依拠しているところが多いので、詳しく知りたい方はどうぞ 選択理論心理学会 神戸支部研究会 にお越しくださいね。


9月24日に開催する予定です。

詳しくは上記のリンクをクリックしてみてください。



関連記事
スポンサーサイト

この記事と関連する記事

話を聴き続けるだけでは難しいクライエント

(0)TB(0)

AFTER「描画検査はカウンセリングでは重宝する技法です

BEFORE「下座行の勧め

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。