【スポンサードリンク】
  



ここ最近、子どものカウンセリングをする機会が増えつつあります。


子どものカウンセリングと言うのは大人と比べて独特のセンスや感覚が問われるなと感じます。


子どもは大人と比べてはっきりと自分の気持ちを表現することができません。


大人ほど問題を解決する術がないので、深く洞察させようとすると余計に混乱してしまいます。


かといって、ただ楽しい話を聴き続けるのではなく、カウンセリングの時間を子どものために有効に使えるためのセンスがかなり問われます。


そのためには、子どもの心理状態を的確に見立てて、この子の問題やポイントを確実に押さえていくことが必要です。


しかし、それはかなりのセンスが問われる作業でもあります。

(私にセンスがないだけかもしれませんが・・・)


そこで、私は子どものカウンセリングをするようになってから、初回で描画検査を施行するようになりました。


バウムテストやS-HTP、人物画などですね。

人物画は9歳までであれば、ある程度発達年齢も押さえることができるので、かなり有効な検査です。


また、これらのテストから発達障害の疑いとかも推測することが可能です。


これらの描画検査を初回のうちにとって、後の情報を精査していくと、「この子の課題はここだから、この辺りを丁寧に聴いていくといいだろう」というのが推測しやすくなります。


クライエントのことをある程度知らないとカウンセリングはできません。

それは雰囲気や経験則だけでは推し量れないところがあります。


そのため、クライエントのことをより客観的に知るためのツールが必要なのですが、それが私にとっては描画検査だということです。


もっとも私の場合、児童相談所や病院である程度学んできたので、使えるからというのもあるかもしれませんが・・・。


カウンセラーを目指すうえでは、相手のことを知るための技法やツールを持っておくというのも必要なことだと思います。




関連記事
スポンサーサイト
2017.09.26 Tue l 描画療法 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/532-454a34f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味