FC2ブログ
  
【スポンサードリンク】
  


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


今回はカウンセリングについて、お話をしたいと思います。


私は選択理論心理学をベースにしたリアリティセラピーを中心に、他の心理療法を組み合わせて、カウンセリングを使っています。


リアリティセラピーは10年以上も使い続けているので、私の中では切っても切り離せない存在です。


今でも冗談半分でいうのですが、リアリティセラピーに出会わなければ、もうすでにカウンセラーの仕事はやめていたと思います。


リアリティセラピーが他のカウンセリングと異なるところは、「上質世界」を重視しているところです。


上質世界とは、その人が抱いている理想としている世界で、信念・信条を含みます。


そこを尊重しながら、クライエントが上質世界に抱いている姿にどう近づけるかを考えていくのがリアリティセラピーです。


その上で、来談者中心療法や精神分析、行動療法などを適宜組み合わせてカウンセリングを行います。


このスタイルが必ずしも良いというわけではないのですが、私は大分助けられてきました。


特にアセスメントをするうえでも十分役立ちます。


リアリティセラピーについては、選択理論心理学会神戸支部のホームページでお伝えしていますので、興味のある方はそちらをごらんください。






関連記事
スポンサーサイト
2018.01.13 Sat l リアリティセラピー l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】


    スポンサードリンク
   

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/556-b053d155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アンチエイジングの意味