FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「不登校はカウンセリングで改善ができるのか?

BEFORE「カウンセラーという道具

2019 01/24

カウンセラーはビジネスモデルになかなかくみ取れない

こんにちは。


いかがお過ごしでしょうか。


カウンセラーをしていて思うことは、カウンセラーはなかなか儲かりづらいなということ。


カウンセラーは基本ビジネスモデルに組み込むことがなかなかできません。


    スポンサードリンク
 

ビジネスとは、「顧客が求めるものを提供することで利益が発生すること」です。


例えば、おいしいものを食べたいという人に対して、おいしい料理を提供することで、お金をいただく。


まずくてもいいから安いものを食べたいという人に対しては、安価な料理を提供することで、お金をいただく。


これも立派なビジネスです。


ただ、カウンセリングになるとこれが本当に難しいと思います。


一つはカウンセリングは基本高額です。


そして、クライエントの多くは「そんなにカウンセリングを受ける状況じゃない」と思っています。


つまり、高額なカウンセリングを受けたいというニーズはかなり少ないです。


また、カウンセリングは受ければその良さがわかるのですが、その良さがなかなかアピールするのが難しい。


特に今の時代は「とにかくよくなりたい」「カウンセリングを受ければよくなるだろう」という結果を求めようとする人が多い。


私は「カウンセリングを受けることで、どうすればいいのかを一緒に考えることができますよ」とは言えますが、「カウンセリングを受けることで、この問題は必ず良くなりますよ」とは到底言うことはできません。


つまり、顧客が求めるニーズを上手に提供することができないのです。


これがカウンセリングがビジネスモデルになかなかくみ取れない。


特に営利目的のカウンセリングは非常に難しい。


これは企業にカウンセラーとして所属している中で、つくづく感じていることです。


企業の売り上げを優先したいけど、クライエントのニーズも満たしたい。

クライエントのニーズを優先すると、会社の売り上げが下がってしまう。


その場合、どうしてもクライエント<企業の方に考えがシフトしてしまいます。


また、上司や社長の考え方とカウンセラーの考え方が違う場合、どういう風に妥協すればいいのか。


やはり私はクライエントの思いを尊重したいが、それをすると会社に迷惑が掛かってしまう。


そんなことを考えると、やはりカウンセリングをビジネスとして儲けるようにするのは非常に難しいなあと思います。


もちろん、割り切って利益主体のカウンセリングにしていく方法もありますが、私の性格上、一回で良くなって終わるのならそれでいいではないかとも思ってしまい、全力でカウンセリングをしようと頑張ってしまいます。


だから、なかなか儲からないし、ビジネスモデルにもくみ取れないなあと思います。


なので、最近はクライエントがすぐに良くなりつつ、どうすれば利益を効率的に生むことができるのか、そんなことを考えています。


来年までには絶対に形にして、皆さんに公表できるようにしたい。


それを豊富に今年一年頑張りたいと思います。


    スポンサードリンク
 



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。 カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


スポンサーサイト

この記事と関連する記事

カウンセラーはビジネスモデルになかなかくみ取れない

(0)TB(0)

AFTER「不登校はカウンセリングで改善ができるのか?

BEFORE「カウンセラーという道具

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。