FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

2012 05/09

ポジティブな側面に目を向けること

人間には大きく分けて2通りのタイプがいます。

一つは物事が上手くいかない時に、自分の悪い部分や、問題の原因や「こういうところがあるからダメなんだ」とつい考えてしまうタイプの人。

もう一つは、同じ状況で自分の良い点や、状況の中での使えることろ「今はこれで困っているが、これは解決に使える」と良い部分を絶えず見ようとするタイプの人。

物事をネガティブとらえるということは、絶えず問題の原因や悪い部分にのみに焦点を当て続けてしまうことでもあります。
このような人は悪い点だけを見続けてしまい、どう解決するかまでなかなか意識が回らないことが多いようです。
それよりも、長所や良い点、使えるところを絶えず見つけようとする姿勢を持った人は最善の行動をとろうとすることが多いです。

「何が悪いのかではなく、どうすればいいのか」に目を向けることは、私たちの人生を効果的にコントロールするために必要なな視点であると思います。
その視点を有効に活用するためには、悪い点や原因だけにとらわれず、良い点や使えるものに焦点を当てることが
大切です。

人付き合いも同様に、悪い点だけを見るのではなく、相手の良い点を見ることでより良い関係を築きやすくし、一緒に協力して問題を解決しやすくなります。

その人や自分、周りの環境も含めて、長所や良い部分、活かせる点、つまりポジティブな側面に注目することは、前に進むためのエネルギーも出やすくなり、問題を乗り越える力や協力を得やすくさせます。


関連記事
スポンサーサイト



この記事と関連する記事

ポジティブな側面に目を向けること

(0)TB(0)

AFTER「心の弱い人がうつになるのか

BEFORE「リアリティセラピーの特徴

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top