【スポンサードリンク】
  



私たちの身体はそれぞれ違っており、病気になりやすさや疲れやすさ、体力など個人差があります。

それと同時に脳にも個人差があります。
その一つとしてストレスの負荷に対する耐性が挙げられます。

例えば、仕事で嫌なことがあっても耐えられる人とすぐにつぶれてしまう人は、おそらく前者はストレスに強い脳で、後者は弱い脳の持ち主であると思います。

例えば、身体が疲れている場合や病気の時は身体だけでなく脳も弱っている状態です。
多くの人は風邪をひいて寝込んでいるときに将来のことを考えてしまうと悲観的になってしまい、泣きそうになったという経験をしたことがあると思います。

ちなみに私はよくあります(笑)

これは脳も弱っているため、ストレスに対して耐性が低くなっているからです。

この点に関しては遺伝も十分に絡んでいると考えられます。
また、過剰なストレスを常に受け続けていると、脳が疲弊してしまい、ちょっとしたストレスでも耐えられなくなることがあります。
結果としてうつ状態になってしまい、どう考えても悲観的に考えたり、落ち込みや焦りを常に感じている状態になってしまいます。
この辺は抗うつ剤や睡眠薬で脳を休息させることにより、脳の機能を向上させることで改善が可能となる場合があります。

私たちは、自分の脳がストレスに強いのか弱いのか、今の状況では脳がストレスに参ってしまいやすい状態なのかを常に知っておくことが心の健康のカギとなります。

もし自分の脳がストレスに弱ければ、適度に睡眠やリラックスできる時間を作ることで脳を休ませて必要以上の負荷を与えないようにしたり、栄養のとれた食事を心がけたり、生活リズムを整えたりするなどの工夫をしていく必要があります。必要に応じてサプリメントや漢方を飲むのもいいかもしれません。


また脳がどれだけの負荷に耐えられるかを知っておくことを有効でしょう。
そして負荷に対処する行動スキルも身に着けていくことも大切です。
これらを知るためにはある程度、ストレスに身をさらしておくことが必要です。
私たちがストレスフルな経験をすることで大きく成長することがあるのは、ストレスに対して効果的な行動パターンを学んだことと、どこまで耐えられるかの限界を知ったためではないかと思います。

つまり、普段の生活でストレスに負けない脳にする工夫をするとともに、ある程度のストレスを経験することが大切ではないかと思います。


6月の神戸勉強会は今週3日の日曜日です。
残席ありますので、興味がある方は是非お越しください。

リアリティセラピー尼崎支部勉強会

関連記事
スポンサーサイト
2012.05.29 Tue l 精神科臨床 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/65-f0e48262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味