【スポンサードリンク】
  



仕事柄、うつ病や統合失調症など精神疾患の方とよくお会いします。

彼らは苦しみながら自分に一生懸命向き合い、そして自分の認めたくない部分と闘っているように見えます。
カウンセリングでは自分と向き合い、受け入れていく過程でもあります。
カウンセラーとクライエントがお互いに自分自身を見つめていき、そして自分らしく生きていく道を見つけていくことが大きな目標です。ただ、その過程は非常に辛く、時には険しい道でもあるのです。
それを促すために様々な技法があるのだと思います。

このブログを読んでいる方に是非覚えてほしい言葉があります。
それは「治癒」「寛解」いう言葉です。

治癒とは完全に治ることを意味します。
寛解とは一時的か永続的かを問わずに症状が消失したり、改善している状態を指します。

精神疾患の大半は治癒することはありません。
元の状態にまで回復することはあっても再発する可能性が0になったというわけではないからです。
そのため状態が良くなった後でも服薬を続けないといけない場合も多いのです。それは再発を防ぐためでもあります。

カウンセリングで上手く自分らしさを見いだせてその生き方がわかるようになれば、症状も落ち着き、安定してきますが、それでも完治したとは言えないのです。


しかし、これは見方を変えれば次のようにも言えます。

人が生きていく過程では様々な困難が付きまといます。
それは環境や状況によることもありますし、また自分自身の行き詰まりによることもあります。大抵は困難な状況に対処できなくなるのは、本人が今まで培ってきたパターンや対処に仕方によるところが大きいものです。

その状況にいる間は様々な精神疾患の症状を伴うことがあります。
薬で症状を落ち着かせると同時にカウンセリング等の支援によって自分を見つめることで状況に上手く対処できるようになるにつれて回復に向かっていきます。
その状況を自分なりに乗り越えることで人は心身共に強くなり、心の健康を取り戻していきます。

ただ、次に大きな困難にさらされたときや、ふとした時にまたどうしていいかわからなくなり、症状が再発してしまうことがあります。

ただ私たちの人生では困難が付きまとったり行き詰ることはよくあることであり、それに対して不安定な状態になることは多々あります。この時の行き詰まり感が症状として表れてしまうのです。

そのため、私たちは人生を生きていくうえで、そうした面にも注意しておくことが必要です。
「どうすればより良く生きれるか、そのために改善できるところはどこか」を絶えず意識して、意欲的に生きていく姿勢が望まれます。その意味では薬を服薬することで症状を安定化し続けるということはとても大切だと思いますし、統合失調症や躁うつ病では服薬を続けることで落ち着いて自分の人生に立ち向かことも可能となります。

自身の病気といかにより良く付き合っていくか、精神疾患の方とカウンセリングをしていると、彼らがいかに四苦八苦して自分と付き合っている生き方から学ぶところは大変大きいと思います。




関連記事
スポンサーサイト
2012.06.06 Wed l 精神科臨床 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/66-d2c8e590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味