【スポンサードリンク】
  



現在、私はスクールカウンセラーとして中学校に週2日勤務しています。

スクールカウンセラー(以下SC)とはいったいどのような人だと思いますか?

一般的には学校でカウンセリングをする人ですが、欧米と違って困ったことがあればすぐにSCのもとに行くという生徒や保護者はほとんどいません。
(これは悩んでいるからすぐにカウンセリングを受けようと思う人があまりいないのと一緒です)

大体SCが会うのは不登校・保健室登校の生徒や子供との関係が非常にぎくしゃくしていて悩んでいる保護者といったように、自分ではどうしようもないほど追いつめられた状態になっている人が多いです。

SCの役割とはそうした人たちにカウンセリング等の心理の専門家としての援助を行うことです。


しかし、私個人としては「これだけでいいのか?」という思いがあります。

例えば、一日中カウンセリングをしてばかりのSCははたして学校にとって役立っていると言えるのか?
確かにカウンセリングを受けた生徒や保護者に役立っているという点では大切だと思います。
しかし、カウンセリングをずっとしていて学校の先生と関わる暇がないというのは私としては本末転倒な気がします。それは相談室にこもっていて教員とコミュニケーションをとらないのと同じではないかと思うのです。


これは私個人の考えですが、不登校や発達障害、いじめ、学級崩壊などの新聞を賑わせている問題はSCが動いたからと言ってどうこうなる問題ではありません。
むしろ、SCが主導でこれらの問題に対応したために、よりこじれてしまってどうしようもならなくなったケースは結構多いです。(私自身の経験も含めてですが)

これらの問題を解決するために必要なのはSCが行うカウンセリングではなく、学校の先生の努力や踏ん張りです。

あきらめずに教職員が腹を括って最後まで取り組む姿勢が学校の問題をより良いものへと改善させます。
SCとはその先生の頑張りを支え、先生や保護者が真剣に子どもと向き合い、子どもがより良く成長できるように促していくことではないかと思います。

つまり、SCとは子どもが学校の中で少しでも安心して成長できるように支えていく存在であり、決してカウンセリングをするだけの存在ではないというのが私の考えです。
SCのカウンセリングが子どもを支えるのではなく、教職員と保護者、クラスの仲間たちの存在が子どもを心から安心させることができ、それが大きな支えとなるものです。SCはそれを少しでもスムーズにできるようにすることではないかと思います。

以上は、私のSCの経験からの個人的な考えです。
もちろん、カウンセリングを主体として子どもを支えていこうとするSCもいますし、それ自体は全く悪くないことだと思います。カウンセリングを受けることで気持ちが和らぎ、安心して「今するべきこと」に集中し、問題が解決することもよくあります。

誤解のないように言わせていただくと、「カウンセリングだけではSCの活動に限界がある」というのが私の考えです。

これは私個人の見解ですので、ご意見やご感想等ありましたら是非また教えてください。


関連記事
スポンサーサイト
2012.06.28 Thu l スクールカウンセリング l コメント (2) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

コメントありがとうございます。

スクールカウンセラーになりたいけれども、現状はどうしていいのか困っている感じがひしひしと感じられました。

ここでは具体的ななり方について現状を説明しますが、少し厳しい現実を伝えることになると思います。

現在、スクールカウンセラーになるには次の3通りがあります。
①臨床心理士資格を取得した状態で県の臨床心理士会に登録し、そこから小・中学校に派遣を要請され契約時間内で勤務する形をとります。

②一部の地域では採用試験を受けることでスクールカウンセラーとして勤務することが可能です。もちろん、週に1回の非常勤職員です。この場合は臨床心理士以外の資格も可能です(この場合はスクールカウンセラー補という扱いになり、給料も臨床心理士が勤務するよりも低くなります)。

③以上は公立小・中学校の場合ですが、私立の場合ですと直接採用となるため、臨床心理士が必須でなくなる場合があります(最近は臨床心理士が必須となってきつつありますが)。この場合は認定カウンセラーや教育カウンセラーの取得が条件となると思います。

以上が私の回答ですが、臨床心理士が必須とは一概に言えませんが、臨床心理士資格を持っていた方がなりやすいといえると思います。指定大学院修了が条件ですが、放送大学など通信制や定時制を利用するなどの手はあります。
ぜひ、諦めないで夢をゲットしてください!!
2012.11.25 Sun l 田中勝悟. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.11.25 Sun l . l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/75-c6060032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味