【スポンサードリンク】
  



最近、大津市のいじめで自殺した中2の男の子のニュースが飛び交っています。
今書いている最中ですが、丁度「報道ステーション」でそのニュースをしているところです。

そのニュースを聴けば聴くほど、どうしてここまで学校や教育現場の対応が後手後手になってしまったのか、どうすればここまで悲しい事件に発展せずに済んだのか、憤りを感じずにはいられません。

いじめは当然被害者の人生を狂わせるほどの影響力を持ちます。
また、加害者の生徒の人生もさらに大きく狂わせます。
(この場合の加害者は「見て見ぬふり」をしてきた子供も含まれます。)
そして彼らの家族や親族の一生を狂わせます。

大津市のこの一件は多くの人間の一生を狂わせてしまったのです。
学校や教育委員会はそのことを深く意識しないといけないのではないかと思います。

また、私個人の意見としてスクールカウンセラーは何をしていたのかという疑問があります。
以前、私はいじめや不登校などの問題は教員の頑張りと覚悟が必要であり、スクールカウンセラーはそれを支えていく存在であると書きました。

参照スクールカウンセラーとは何者か?

しかし、それは全ての問題を学校に丸投げしていいというわけではありません。
特に子どもたちの心の問題を専門として派遣されたスクールカウンセラーが何もしなくてただ学校に任せておけばいいというわけではないのです。

今回のいじめについては多くの生徒が自殺した生徒が悲惨ないじめを受けていたと明らかになってきています。
当然、それを見ているだけで何もできない状態の生徒、つらい思いをした生徒もたくさんいます。
彼らには少なくともスクールカウンセラーに助けを求める選択はあったはずです。

つまり、スクールカウンセラーがいじめの実態を子供目線で把握することは可能であったはずです。
また、校内をうろついていれば当然その光景を目にする機会もあったはずです。

その事実を教職員や学校長に伝えることもできたはずだし、その重大さを指摘することもできたはずです。

いじめには予防と解決の段階があります。
予防とは、いじめが起こりにくいクラス(良い関係を築けるクラス)を作ること、些細ないじめに対して教職員が目を光らせることで事前に起こらないようにしたり、何か問題があれば教職員でタッグを組めるようにするなどのシステム作りをすることです。

特に問題があればすぐに生徒が先生に言えるような雰囲気、教職員が悪いことを絶対に許さないという空気を作ることで大きな予防効果が期待できます(実際に効果はあります)。


そして解決とはいじめが実際に起こった場合です。
これはケースバイケースですが、基本は実態把握をすることです(例えば、学級崩壊しているクラスのいじめと落ち着いているクラスのいじめでは全く対応が異なります)。
事実確認とはこの段階で行うべきもののはずです。

また、教職員が解決のための連携システムを作ることも必要でしょう。
具体的にはいじめの実態をできるだけ詳細に共有したり、そのためにどういう役割分担をするかを決めていくことで、個人ではなく学校全体でいじめ解決に取り組む姿勢を作らないといけません。
その際にスクールカウンセラーは実態を詳細に共有し、具体的な対応法を専門家の視点で伝えたり一緒に考えたり、またどういう役割で臨むのかも話し合う必要があります。
事実確認した情報に沿って保護者と生徒に説明していくことも必要です。

つまり、いじめの解決は、重大になればなるほど、担任や一人の教員でできるものではありません。
学校全体でどう真剣に取り組むか、つまり学校としてのいじめに対する姿勢が必要なのです。

その際にスクールカウンセラーは教員よりも子どもに近い立場にいます。
子どもの生の声を一番聴きやすい存在であるはずです。
その声を教職員に伝えることがスクールカウンセラーの業務の一つであるはずです。
(ちなみに自傷他害の可能性のある場合は守秘義務は適用されません。例え、「秘密にしといて」と言われても誰かの心身に危害が加わる場合は「それを守れないこと」を説明しないといけないのです。)


私自身、スクールカウンセラーとしていじめや不登校、自殺未遂、体罰問題などあらゆるケースに取り組んできました。生意気なのを承知で学校に文句を言ったこともあります。

その際に、私自身が心がけているのは、いかに教師の「教育者としての誇りと姿勢」を奮い立たせ、全員で子どものしんどさやつらさに、立ち向かえるように支えていくことです。
ここでいう「誇りや姿勢」とは子どもを支えてより良いほうに指導していこうとする本来の教師としての思いです。
全員が真剣にその子達のために取り組めば、少なからず問題は改善の方向に向かいます。


スクールカウンセラーが心のケアにあたっていると聞きました。
それは十分に意味があることだし必要ではありますが、いかんせん後手後手になっているような気がします。

また、私の立場でこんなことを言ってはいけないのでしょうが、今回の件で学校の問題が叩かれる一方でスクールカウンセラーについては全く触れられません。
スクールカウンセラーの社会的な信頼がなくなってきていると危惧するのは私だけでしょうか?

学校側は、いじめの事実確認よりも自身の不手際さを何よりも認め、子供達と保護者の視点に立った誠意ある対応を是非やってもらいたいと思います。それと共に、亡くなった生徒のご冥福を心より祈るばかりです。




関連記事
スポンサーサイト
2012.07.10 Tue l スクールカウンセリング l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/81-177b6bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味