【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝語です。

心療内科で勤務しているため、向精神薬を処方された方とお会いすることが大変多いです。

向精神薬は一昔前は大量処方や副作用の問題があり、今でも薬を飲むことに強い抵抗を持つ人も多くいます。
また、薬がなかなかやめられず中断できないまま飲み続けているケースもあります。

そのため、薬物療法について否定的な立場を持っている団体も数多くあります。
(選択理論も薬物療法については否定的な立場ですが、これはグラッサーが精神医学を学んでいた時代が大量処方中心の治療であったことも関係していると思います)


私自身は薬物療法については肯定的な立場をとっています。

それは、患者さんが向精神薬を服用して、気分や情動が安定することで、非常にカウンセリングが進みやすくなるという経験があるためです。
また、比較的軽いケースで適切な量の薬の処方であれば、それだけで改善するケースも多くあります。
重篤な場合(自殺の恐れがあったり、過度に妄想が激しいケース、精神疾患の症状が重くて自傷他害の恐れが高いケースなど)では、薬を服用しないと社会復帰はおろかカウンセリング等の支援もできないことがほとんどです。

他にも、不眠によってうつ症状や心身の不調がひどいケースでは、全てではないですが睡眠薬を服用するだけで驚くほど改善が見られることもあります。

向精神薬を服用することで、心身が安定し、病気にも関わらずに前に進むことも十分可能です。

しかし、

向精神薬を服用する際に注意しないといけないことがあります。
これらの薬は脳の神経細胞や神経伝達物質に作用します。そのため、脳生理学に詳しい精神科医や心療内科医など精神保健指定に診察を受けて、薬を処方してもらうことが望ましいです。
近年、睡眠薬や抗うつ剤を大量に出されてしまい、薬依存になってしまっている方がおられますが、それは内科医など精神医学が専門外である医師の処方であったり、稀に大量処方しか知らない医師であったりします(本当に稀だと思いますが)。

そのため、もし落ち込みや不安が強くて、向精神薬を服用する必要があるのであれば、かかりつけの内科医などではなく、しっかりとした精神科医や心療内科医に診てもらうことをお勧めします。

また、初期に大量の薬を出すことはあまりありませんし、患者の同意を得ないまま薬を出すこともありません。
もし、なぜこの薬を飲むのかわからないのであれば、医師に確認をしてみてください。わかりやすく説明してくると思います。


先ほどもお伝えした通り、向精神薬は医師のもとで適切な量で、きちんと服用すれば大変有効な治療法でもあります。それは症状が安定することにより、病気を治すための行動を起こすことができ、改善することもあります。

ただし、薬物療法は対処療法です。
風邪を引いた時に、風邪薬や熱冷ましを飲むようなものです。しかし、それだけでは治りません。風邪を治すには薬を飲むのも大事ですが、それよりもしっかりと栄養を取り、汗をかいたら服を着替え、ゆっくりと寝るなど休養をとることが必要です。つまり、薬で症状を安定させつつ、さらに身体を整えることで体内の菌やウィルスを殺すような行動をとらないといけません。


うつ病など精神疾患も同様です。
このことについてはまた後日、書いてみたいと思います。
続き:カウンセリングと薬物療法


※いつも見ていただきありがとうございます。
以下のボタンをクリックしていただければ、ブログを書く励みになります。
関連記事
スポンサーサイト
2012.07.19 Thu l 精神科臨床 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/86-601176eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味