【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝語です。

前回、カウンセリングの限界(1)について書かせていただきました。

大体、カウンセリングに過度の気持ちを持ち過ぎたクライエントに対して、どう接していくのかということを書きました。

今回はその続きとして
2)すぐに問題を解決しようと焦っている人

について書いてみたいと思います。

カウンセリングとは1回だけで問題が解決することも当然あります。
しかし、それ以上に何回か回数を重ねないと効果が出てこないという場面もかなり多いのです。

例えば、「自信のない性格を変えたい」という悩みで相談に来られたとします。
性格を変えるには2つ方法があります。
1つは自分の性格や気質についてじっくりと見つめ直し、自身をよく知ることから始めないといけません。自分のことがよくわからないのに、自分を変えることはほとんど不可能です。

また、2つめは実際に直面している困難な状況を整理していき、どのような行動をとるかを話し合い、その状況を乗り越えることで、性格が変わることがあります。
具体的には緊張して人と話すことができなかったが、ある時友達の遊びに誘われていったら予想以上に楽しくて、それから人と話す苦痛が減少していったという場合です。この時に、「緊張しい」の性格が多少なりとも改善がみられることがあります。

どちらにしても、短期間での改善よりも、なるべく長い視野で臨んだ方がいいでしょう。

他にも
〇彼氏にDVを振るわれていて、彼氏とすぐにでも仲良くなりたい。
〇落ち込みがひどくて、仕事ができない。すぐに仕事ができるようカウンセリングで治したい。
〇子どもが不登校になった。明日にでも学校に行かせる方法はないか。
〇娘が自分の思うようにならない。どうすれば前のように言うことを聴いてくれるのか。
〇すぐにイライラして当たってしまう。そうならない方法を教えてほしい。
などなど。

いろんな悩みを抱えてこられますが、すぐによくなろうと思えば思うほど、上手くいきません。
特にカウンセラーがすぐによくなるように頑張れば頑張るほど、カウンセリングは混乱してしまい、結果として失敗に終わってしまいます。
これを専門的には「クライエントの問題に巻き込まれる」と表現されます。

私自身もクライエントのニーズに応えなければと焦ってしまい、すぐに「問題の答え」やアドバイスをしてしまい、結果としてカウンセリングが上手くいかなかった経験はいくつもあります。

結局、カウンセリングとはクライエントが自分の問題を自身で乗り越えていくのを支えていくことです。

そしてクライエントがどうにかしたい問題を解決するのはクライエント次第であり、そのクライエントの力をどれだけ引き出せるかがカウンセラーの腕の見せ所です。

ただ話を聴くのではなく、いかにクライエントが前を向いて頑張れるように自分を見つめられるような話を引き出せるかが、カウンセラーの聴く技術です。
(この辺り、世間一般の「聴く」とは異なるものです)。

最後まで逃げずにじっくりと自分と向き合い続けるクライエントの頑張りと、それを支えて引き出すカウンセラーのスキルが相まって、効果的なカウンセリングとなります。

そのため、即効性を期待すればするほど、お互いに焦ってしまい、効果的なカウンセリングになりにくくなる可能性が出てきます。すぐに解決しようとする人がなかなかうまくいかないのはこのためです。焦りはじっくり取り組むことを難しくさせ、クライエントが自身の問題を自分で解決するのを困難にさせます。


だからこそ、私はクライエントの話を聴いた後に、すぐに解決できそうにない問題であれば、そのことを正直に伝えます。またクライエント自身に、「その問題はどれくらい時間がかかりそうか」を自己評価してもらいます。多くの方はすぐには解決できないことに気づくことが多いです。
その後に簡単な見通し(見立て)を伝え、どれくらいの時間で解決できるのかを話します。


つまり、「焦らないでじっくりと一緒に取り組んでいきましょう」というメッセージを伝えることです。
このやり方は、クライエント自身がじっくりとカウンセリングに取り組む姿勢を作ることに貢献しますし、またクライエントがカウンセリングを続けるかどうかを選択させる機会を与えますので、無駄に長引かせて害を与える可能性を低くすることにもなります。
(もちろん、それで上手くいかないケースも多々ありますが)


カウンセリングは辛く遠い道のりでもあります。
だからこそ、カウンセリングから逃げずに取り組み、良くなっていった人たちを見ると尊敬の念を抱かずにはおれません。

カウンセリングの限界(3)に続く・・・


※いつも読んでいただきありがとうございます。
↓のボタンをクリックしていただければ、ブログを書く励みとなります。
関連記事
スポンサーサイト
2012.07.30 Mon l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/92-f4253989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味