【スポンサードリンク】
  



先ほどネットサーフィンをしていたら、こんな記事を見ました。
読売新聞の人生案内にあった相談だろうと思います。

参照:読売新聞 人生案内「昨年生んだ息子に憎しみ」の反応のまとめ



20代主婦。息子を昨年出産しました。
叱られるのを覚悟で言いますが、その息子に憎しみを抱いています。
おなかの中に息子がいた頃は、会える日を心待ちにしていました。

ところが生まれた途端、そんな思いは吹き飛んでしまいました。
出産後は、目や頭、顔など息子の全てに腹が立つ毎日です。
息子の写真を見るだけでもイライラします。泣くことと排便しかできず、ただあおむけに寝ているだけの生き物に、なぜ私が24時間束縛されるのかと思ってしまいます。.

本音では、息子がいなくなってほしい。
でも、夫の両親や友人の前では、息子をかわいがっているふりをします。
実の両親を早くに亡くした私には、頼れる人も、本音を言える人もいません。
私の心はもう、悪魔と同じ汚いものです。誰か助けてください。
(東京・S子).

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -.

「誰か助けてください」と結ばれたお手紙を読んで、すぐにこのお返事を書いています。
できるだけ早く病院に行ってください。
あなたの状況はおそらく「産後うつ」ではないかと思われます。

子供がかわいく思えない、育児から逃げ出したい、わけもなくいら立つのは、あなたの心が悪魔になったからでは、けっしてありません。身体が悲鳴をあげているのです。

産後は女性の身体のホルモン分泌が大きく変動する時期です。赤ちゃんが生まれて、生活環境も激変します。
一日中家に閉じこもって慣れない育児に追われる日々は、ホルモンバランスが崩れた身体をさらにむち打っているのです。
早期に治療をすれば、比較的回復が早いとも言われています。.

お手紙を読む限り、まだお子さんに手をあげたりしていないようです。
今なら間に合います。ご自身を責めないで。
病気なのですから、適切な治療を受けることが、お子さんのためです。

なお、あなたには頼れる人も本音を打ち明けられる人もいないとのことですが、こうしてお手紙をくださいました。誰かの助けを求める力があなたにはあります。

それをどうか身近な人に向けてください。
できれば夫に打ち明けて、診察に同行してもらってください。

回答:大日向 雅美 (大学教授)




うつ状態とうつ病の違いについて、うつ状態とは心理的なストレスが原因でうつ症状が出るのに対して、うつ病は脳の機能異常によって起こる疾患です。

「産後うつ」という状態は人生案内の回答者の大日向先生が言うように、出産前後でホルモンのバランスが崩れた結果、また生活環境が変化と絡み合って起こります。ホルモンバランスの異常は脳のシステムにまで影響が出てしまいます。つまり、産後うつは脳機能の異常として起こるため脳の病気です

私たちが胃痛や心疾患、肺炎などの身体の病気を気の持ちようだけで治せないのと同じように、脳の病気であるうつ病も気持ちだけで治すことはできません。大日向先生が言うようにまずは病院に行って適切な薬を処方してもらうことが大事です

産後うつは時間が経てばホルモンが安定してくれば軽減してきますが、その間に虐待が起こる可能性も当然出てきます。また不安定に子供と関わった時期は、後々親子関係に影響してくることもあります。

そのため、上記の例のように産後うつだと思われたらまず病院に行ってください。

心ではなく身体の病気ですので、医師による治療が必要です。
適切な薬によって脳機能が安定するため、安定した子育てに向かいやすくなります。

一方で、産後うつは医師による治療だけでなく、家族のサポートも必要です。
家族全員が協力してお母さんを助けて、子育てをするという雰囲気がとても大切です。

産後うつについてこちらもオススメです。

悩まないで!産後うつ解決ブログ


※いつも読んでいただきありがとうございます。
↓のボタンをクリックしていただければ、大変ありがたくブログを書く励みとなります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト
2012.08.10 Fri l 精神科臨床 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/98-7c2baca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味