【スポンサードリンク】
  



私たちの人生はいろんなことが送ります。

その中で、嫌なこともありますし、落ち込むこと、悲しいこと、イライラすることも当然あります。
これらの不快な感情は私たちに「今はあなたが望んでいる状況ではないよ」というサインです。

このサインは「もう少し自分を見つめ直してみたら?ちょっとやり方を変えてみようよ」と教えてくれる機会を提供してくれます。

私たちが嫌な感情を抱いているとき、上手く自分を振り返り、今後どうすればいいのか改善策を見つけることができれば、大きな成長につながります。

しかし、時としてこれらの感情が度を超えてしまい、自分を振り返ることができないほどになってしまっている場合があります。怒り心頭の状態であったり、どすんと落ち込み過ぎて何も考えられないような状態です。

気持ちというのは時間が経てば少しずつ落ち着いてくることもあります。
まずは時間と距離を置いて、少し気持ちが落ち着くのを待つのもいいでしょう。

それでも難しい場合は、
「本当はどうなりたかったのか?」を考えてみることが有効です。
「その時にどうしてもらえればここまで嫌な気持ちを感じずに済んだのか?」
「もしそうなれば、自分には何を得ることができたのだろうか?」
と自問自答してみてください。

不快な気持ちは「本来はこうなってほしい状況と全く違う結果になったため」生じるものです。
上記の質問を自分に投げかけることで、少しずつ自分の思いがクリアに整理できてきます。

自分の気持ちを整理するのはかなり困難ですが、自分の思いは割とスムーズに整理することが可能です。

「これが本当は自分が望んでいたこと(もしくは相手に言ってもらいたかったこと)で、そうじゃないから自分は嫌な気持ちが出ているんだ」と理解できると、途端に気持ちが落ち着きます。

すると、今度は「じゃあ、どういうやり方をすれば、自分が望んでいた状況になっていたのだろうと」と考えてみましょう。より良い案が見つかれば、きっと次は別のやり方を選択することができるのではないかと思います。


感情のコントロールのポイントはいかに思考、頭で考えて整理すること、それと感情を結び付けて考えてみることではないかと思います。

明日8月12日はリアリティセラピー神戸勉強会です。
当日参加も可能ですので、興味のある方はぜひお越しください。

詳しくはこちら
リアリティセラピー尼崎支部勉強会

※いつも読んでいただいてありがとうございます。
↓のボタンを一日一回クリックしていただけると、ブログを書く励みとなります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2012.08.11 Sat l 選択理論 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/99-17780577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味