FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「不登校」のカテゴリを含む記事


    スポンサードリンク
 

不登校の解決法

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。私は今の仕事とは別に不登校親の会くろーばーの代表をしています。不登校についてカウンセラーや医師に相談しても、なかなか解決法を提示してくれることはありません。それは、不登校という問題がかなり難しいから・・・ということではなく、彼らの多くが不登校の原因や解決法を知らないからです。不登校の原因を家族や学校、つまり外側に求めると解決は難しくなります。いじめが原因で学校...

明日は不登校親の会くろーばー5回目です。

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。私は新しい仕事が思いのほか忙しくてブログの更新がままならない状況です。仕事で役立っている感じが持てるのは非常にありがたいことです。この「役立っている感じ」というのは不登校や発達障害の支援には非常に大切なことなんですね。不登校の子どもは学校に行けなくなった、学校に不適応になってしまった時点で「社会の中で役に立っていない」という感覚を強く持っています。もちろん、そ...

不登校の子どもの苦しさ

お久しぶりです。久しぶりに記事更新しました。いろいろと問題や苦しいことはありますが、何とか過ごせている状況です。本当にいろんな方に迷惑をかけながら生きています。そんな私を支えてくださっている人たちに感謝です。さて、最近ですが、昔、不登校になった子どもが爆弾魔になってしまい警察に捕まってしまった事件の紹介をテレビで見ました。かなり昔の事件なので、不登校について全く理解がなかった時代の話です。この当事...

不登校支援の難しさ-親の力をどう鍛えるか

不登校支援の仕事を長年続けていますが、未だに難しいなあと痛感することばかりです。ちなみに不登校支援には2通りのやり方があります。それは・・・子どもを直接支援する方法親力を鍛える方法です。基本は親力を鍛えることが第一選択ですが、状況によっては、子どもに直接アプローチした方が有効な場合もあります。具体的には、親の力があまりにも弱すぎたり、親の力関係なく学校が不登校の原因であると明らかな場合などです。こ...

なぜ不登校の子どもに学校の話はしてはいけないか?

今回の記事は賛否両論あると思います。私は大学生の頃から不登校の子どもと関わるボランティアをしていました。なので、不登校に携わったキャリアは10年以上あります。(まあ、ボランティアの経験をキャリアというかはさておいてですが・・・)最初は不登校の子どもに学校の話をするのは、行けないと思い、極力その話題を逸らして、他の話題をするように心がけていました。そうなると、不思議な話ですが、誰も学校に行くようにならな...

Top